ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

護衛艦の命名式並びに進水式~国内最大の護衛艦の進水式~

-2007年8月23日-

プレスリリース

 (株)アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(社長:今清水 義紀、本社:東京都港区芝浦、以下IHIMU)は、防衛省向け平成16年度計画ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)の命名式並びに進水式を、8月23日15:00から横浜工場(所在地:横浜市磯子区)において行いました。本艦は「ひゅうが」と命名され、平成21年3月に完成、引渡し予定です。

 本艦は、現在就役中の「はるな」型護衛艦の後継艦で、平成21年度の就役を予定しております。「ひゅうが」は、防衛省としては、初めての全通甲板型のDDHとなります。従来のDDHとは艦形が大きく異なることから、新たに地方の名前から命名されました。「ひゅうが」は「日向」と書き、現在の宮崎県地方の伝統的名称です。

 本艦は、基準排水量13,500tと自衛隊の護衛艦としては最大であり、哨戒ヘリコプターを同時に4基発着させることができます。また、本艦は海上自衛隊のヘリコプターだけではなく、陸上・航空自衛隊所有のヘリコプターの発着も可能であり、有事や災害といった早急な対応が必要な際にも柔軟な対応が可能となります。

 IHIMUは、今後も高度な技術が必要とされる護衛艦の建造をはじめとした、付加価値の高い船舶を建造してまいります。

式典出席者

<防衛省側>
防衛省代表   防衛副大臣   木村 隆秀殿
海上幕僚監部代表   海上幕僚長   吉川 榮治殿
装備本部代表   装備本部長   横山 文博殿
         
<会社側代表>        
(株)アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド 
    代表取締役社長 今清水 義紀
(株)IHI   代表取締役会長  伊藤 源嗣
<本艦の主要目
全  長 197.0m
最大幅 33.0m
深  さ 22.0m
喫  水 7.0m
主機関 COGAG型式 ガスタービン4基、2軸 
軸馬力 100,000馬力
速  力 約30ノット
乗員数 約340名
主要装備 以下のとおり
    高性能20ミリ機関砲 :2基
    VLS装置 :1式
    水上発射管 :2基
    哨戒ヘリコプター :3機
    掃海・輸送ヘリコプター :1機 (必要に応じて)

護衛艦の命名式並びに進水式 ~国内最大の護衛艦の進水式~

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。