ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

セメントプラント事業の事業譲渡に関するお知らせ

-2008年2月25日-

プレスリリース

 当社は,当社の営むセメントプラントに関する事業を当社から川崎重工グループのカワサキプラントシステムズ株式会社に全面的に事業譲渡することを,本日開催いたしました取締役会において決議いたしましたので,お知らせいたします。
 セメントプラント事業の譲渡に関する内容は下記のとおりであります。

1.事業譲渡の理由
 当社は,今回の事業譲渡により,事業の選択と集中の一環として,プラント事業においてはLNG貯蔵設備などの分野に経営資源を集中するとともに,プロジェクト実施体制の充実を図りリスクの低減と事業体質の改善を推進してまいります。

 一方,カワサキプラントシステムズ株式会社は,セメントプラント事業において国際的に事業を展開する世界有数のメーカーとなり,今後,国内及び海外においても,同社ならびに当社の培ってきた技術と経験を礎に一層事業を発展させていく計画です。

 これにより,当社は,セメントプラント事業から撤退することとなりますが,現在,履行中の契約については,当社が契約完了まで責任をもって,履行いたします。

2.事業譲渡の内容
(1)事業の内容
 事業譲渡の対象となるのは,当社が営むセメントプラントに関する事業であり,その範囲は,セメントプラントおよび,プラントを構成するプレヒーター,キルン,ミルなどの主要構成機器の設計,製作,据付,試運転,修理,改造,増設,アフターサービス,補用品の供給その他セメントプラントに関連する一切の事業であります。
(2)平成19年3月期におけるセメントプラント事業の経営成績

  セメントプラント事業(a) 全社(b) 比率(a/b)
売上高 4,083百万円 642,490百万円 0.6%
売上総利益 △8,721百万円 39,097百万円
営業利益 △8,725百万円 △17,589百万円

(3)譲渡資産および負債
 譲渡の対象となりますのは,セメントプラント事業に関わる技術情報,営業情報等であり,棚卸資産,固定資産につきましては,譲渡の対象には含めない予定です。
 また,当社からカワサキプラントシステムズ株式会社に引き継ぐ負債はございません。

3.カワサキプラントシステムズ株式会社の概要

・主な事業内容 産業・エネルギー・環境等各種プラントの設計,製造,据付,修理および販売
・設 立 年 月 平成17年4月
・本店所在地 兵庫県神戸市中央区東川崎町3丁目1番1号
・代 表 者 代表取締役社長 林 敏和
・資 本 金 85億円 (平成19年4月1日現在)
・従 業 員 数 896名(平成19年10月1日現在)
・大株主構成および持株比率 :川崎重工業株式会社 100%
・当社との関係 特にありません

4.日程
事業譲渡の今後の日程は,次のとおりを予定しております。
平成20年2月25日   基本合意書締結
平成20年3月下旬   事業譲渡契約書締結(予定)
平成20年4月1日   事業譲渡期日(予定)

5.会計処理の概要
  事業譲渡の損益について,特別損益に計上の予定です。

6.今後の見通し
  本事業譲渡による平成20年3月期および今後の当社決算への影響は軽微であります。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。