ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

環境対策製品:オイルリークモニタ1,000台目の受注を達成

-2008年11月20日-

プレスリリース

 IHIの関係会社である株式会社IHIエスキューブ(本社:東京都中央区、社長:川嶋鋭裕、以下「IS3」)は、このほど環境対策製品として販売を伸ばしている「漏油検知器(オイルリークモニタ)」1,000台目の受注を達成しました。

 「漏油検知器(オイルリークモニタ)」は、センサに光ファイバーを利用したIS3独自開発の製品で、油膜はもちろん、浮遊状態・混濁状態の微量の油も、最速わずか12秒という高速で検知します。設備から染み出した油が、川・海など自然環境に流出する前に発見する環境製品として、また、機械類から漏れ出した油を故障前に検知する安全製品として需要が高まってきています。

 IS3は、東京電力殿との共同開発で、「漏油検知器」のフロートセンサタイプを2004年に発売後、コンパクト製品が認知され、その後、ビル監視用センサを発売し、昨年、手のひらサイズの小型監視器、小型センサと新製品を発売しております。

 本製品が、世界中で環境対策製品として採用されることを期待しています。IS3は、今後年間1,000台、3億円を販売目標として営業活動を展開していきます。          


環境対策製品:オイルリークモニタ1,000台目の受注を達成

関連リンク:(株)IHIエスキューブ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。