ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

世界最大級のコンテナ船の引き渡し

-2008年6月30日-

プレスリリース

 株式会社 アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU、社長:今清水 義紀、所在地:東京都港区海岸)は、6月30日(月)、呉工場(広島県呉市)にて日本郵船株式会社(社長:宮原 耕治、所在地:東京都千代田区)向け8,600個積みの大型コンテナ船「NYK ORPHEUS」を引き渡しました。

 本船は2006年から呉工場にて建造している大型コンテナ船の8隻目(オーバーパナマックス型)であり、その中でも初めての日本籍船となります。また、電子制御式エンジン「DU-WÄLTSILÄ 12RT-flex96C」の採用のみならず、ロサンゼルス市(アメリカ)港湾局 ( POLA:Port of Los Angeles )の要求に合致した(*1)AMP(Alternative Maritime Power)設備を採用して、より一層環境に配慮した船となっています。

(*1)AMP(Alternative Maritime Power)
船の停泊中に必要な電力の供給を陸上の給電設備から受ける為の装置。船上での発電による排気ガス(NOx, SOx)等の発生を減らす事ができます。

<主要目>

全    長 336.00m
   幅 45.80m
深     さ 24.40m
吃     水 14.00m
総 ト ン 数 約99,000トン
載貨重量トン数 約99,000トン
主  機  関 DU-WALTSILA 12RT-flex96C ディーゼル機関 × 1基
 連続最大出力 65,210kW × 100.3 rpm
乗  組  員 定員30名
航 海 速 力 約25ノット
船    級 日本海事協会(NK)
船    籍 日本
進    水 平成20年3月28日
引    渡 平成20年6月30日

世界最大級のコンテナ船の引き渡し

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。