ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

360度全旋回Z型推進装置「Zペラ」の累計生産台数が国内最多となる3,000台を達成

-2008年10月16日-

プレスリリース

 IHIの子会社である新潟原動機株式会社(社長:馬場五郎、現住所:東京都中央区)は、1969年に新潟原動機の主力製品である360度全旋回Z型推進装置「Zペラ」の生産を開始し、このたび累計生産台数が3,000台を達成しました。

 新潟原動機は、船舶の大型化が急速に進み、高出力のタグボートの需要が高まった1960年代、他社に先駆けて、360度全方向に強力な推進力を持つ推進システムの開発を開始し、1969年4月に旧新潟鐵工所蒲田工場(東京都大田区)で初号機を出荷しました。初号機の出荷から約40年の間に、さらに船舶の大型化が進み、タグボートもさらに高出力が求められるようになりました。そのようなニーズに対応し、現在では、735kW(1000PS)~2206kW(3000PS)まで対応することが可能です。

 Zペラとは、港湾内で大型船の離着岸をサポートする船であるタグボートの推進装置であり、前後の推進はもちろん、360度全方向に、強力な推進力と機敏で正確な操作性が求められます。
 新潟原動機のZペラは、加えてタグボートの停止、一点旋回などが緩急自在にでき、また、加速開始時からトップスピード時まで、全範囲で安全な操船性能を得ることができます。また、新潟原動機は、世界で唯一、タグボートに搭載される中速ディーゼルエンジンからZペラまで一貫して製造することが可能なメーカーであり、1969年の初号機の出荷以降、確実にタグボート市場でシェアを獲得し、現在では、国内市場では90%、海外市場でも30%のシェアを有します。

 現在、船舶の大型化により、Zペラのさらなる高出力化が要求されています。新潟原動機は、今後もそういった市場のニーズに対応していき、海外市場でのシェアを現在の30%から40%へ拡大すべく、太田工場(群馬県太田市西新町)、新潟内燃機工場(新潟県新潟市東区)、IHI横浜事業所内の組立・運転設備の主要3工場に設備投資を行うことが決定しており、Zペラの生産能力を現在の1.5倍に増強し、今後も、積極的な事業展開を図っていきます。


360度全旋回Z型推進装置「Zペラ」の累計生産台数が国内最多となる3,000台を達成
新潟原動機で生産をしている360度全旋回Z型推進装置「Zペラ」

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。