ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

サウジアラビアおよび中国向け石油化学用リアクタ(反応容器)を7基連続受注

-2008年12月24日-

プレスリリース

IHIは、このたび、世界最大の石油化学会社であるサウジアラムコ社(サウジアラビア)とトタールSA社(フランス)の合弁会社向けに長さ26m、重量720tの大型リアクタ2基を含むHDSリアクタ(※1)(ハイドロ ディサルファリゼーション リアクタ:水素脱硫反応容器)を6基と、中国の大手石炭採掘会社 テンゾウ ゼンシェン ケミカル インダストリアル社(以下テンゾウ社)向けEOリアクタ(エチレンオキサイドリアクタ)を1基、計7基を連続受注しました。これらのリアクタの契約範囲は、設計・材料調達・製作などを含んだFOB(※2)で、IHIの横浜第一工場で製作されます。

 サウジアラムコ社向けリアクタは、サウジアラムコ社とトタールSA社の合弁会社 サウジアラムコ トタール リファイニング アンド ペトロケミカル カンパニー(SAUDI ARAMCO TOTAL Refining and Petrochemical Company)が重要プロジェクトとしてサウジアラビアのアル・ジュベイル工業地域に建設中のジュベイル・エクスポート・リファイナリー・プロジェクトにおいて、原料油内の硫黄などの不純物を、水素脱硫方式により取り除き精製するプラントのメインリアクタとして納入されます。

 また、中国向けリアクタは、テンゾウ社が中国 山東省に建設中のEOプラントのメインリアクタとして納入されます。

 IHI横浜第一工場は、475t天井クレーン2基や、圧力容器などの大型機器を立てた状態で加工することができるピットなど、原子力発電所向けの圧力容器や格納容器といった大型、厚肉の容器の製作に適した設備があり、高い技術力、品質管理体制を有しています。IHIでは、リアクタの製造に原子力事業で培ったノウハウを活かしており、本案件でも技術面・品質面などが総合的に高く評価され、今回の連続受注に結びつけることができました。

 IHIは、大型機器の製造に適した横浜第一工場の能力を活かし、今後も石油精製プラント向け大型厚板リアクタや石油化学向け多管式リアクタの積極的な受注活動を行っていきます。

(※1)リアクタ 化学反応により、原油から不純物を取り除き精製したり、重油を分解してガソリンなどを精製するなど、化
    学物質の製造過程において化学反応させる反応容器。
(※2)FOB(Free On Board) 製品が船舶などに荷積みされた時点で、所有権が買主に移転する契約。輸出港で荷積みするまでの
    コストを売り手が負担する。
     

【参考資料】

サウジアラムコ社向けHDSリアクタ

・客先:サウジアラコム トタール リファイニング アンド ペトロケミカル カンパニー

・製品概要: 内径 4.6m 長さ 26m 重量 720t  2基             
  内径 4.6m 長さ 18.7m重量 510t  2基
  内径 4.3m 長さ 19.6m重量 314t  2基

・出荷予定日:2011年1月

テンゾウ社向けEOリアクタ

・客先:テンゾウ ゼンシェン ケミカル インダストリアル社

・製品概要:内径 4.3m 長さ10.5m 重量335t 1基

・出荷予定日:2010年1月




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。