ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

高効率・小型の3段圧縮方式オイルフリーターボコンプレッサー 「TRAシリーズ」を開発・販売開始 ~ 高効率による省エネルギー性を徹底追及した「TRAシリーズ」 ~

-2009年10月14日-

プレスリリース

 IHIは、小型・高効率オイルフリーターボコンプレッサー「TRAシリーズ」の販売を開始しました。本機は、主動電機出力250kWから450kWで、ユーザーの求める圧力・風量に合わせた最適設計を行うもので、電源周波数等に応じた各機種を順次市場投入していきます。
想定実勢販売価格は、従来のターボコンプレッサーと同等の350kWクラスで約2,300万円、同シリーズで年間80台の販売を目指します。

 従来、IHIでは主電動機出力400kW以下は2段圧縮方式を採用していましたが、「TRAシリーズ」は250kW以上を3段圧縮方式とすることで、ターボコンプレッサー本来の高効率性を徹底追及し、省エネルギーに貢献します。

 ターボコンプレッサーは、エアシリンダなどの空圧機器やロボットなどの各種産業用機械の駆動源であり、従来、高効率なベースマシンとして様々な工場に設備されており、昨今の省エネルギーの推進から、更なる高効率化による省エネルギー性への期待がますます高まっています。
IHIはターボコンプレッサーのリーディングカンパニーとして市場のニーズに応えるべく、省エネルギーをはじめとした環境負荷低減を軸に開発を進めてきました。

 「TRAシリーズ」では、新型インペラの開発や各構成部品の再検討など、コンプレッサー全体に改良を加えることにより、従来比約10%(当社比)の効率向上を図るとともに、ユーザーの求める圧力・風量に合わせた最適設計を行うことで、主電動機出力250kWから450kWで、きめ細かい豊富なバリエーションを用意することが可能となりました。
これにより、生産シーンにマッチしたコンプレッサーのダウンサイジングが可能となり、工場の更なる省エネルギー効果が期待できます。
また、コンプレッサー本体も鋳物一体型設計の採用により小型化し、設置スペースも従来機より約15%(当社比)小さく、コンプレッサーのレイアウトの自由度も高くなっています。

 IHIでは、今回の「TRAシリーズ」の市場投入により、当社のオイルフリーコンプレッサーの更なるラインナップ拡充をはかり、お客様のあらゆるニーズに応えるとともに、コンプレッサー事業としては厳しい市況の中ではありますが、来年度以降30%増の販売を目指します。


高効率・小型の3段圧縮方式オイルフリーターボコンプレッサー 「TRAシリーズ」を開発・販売開始 ~ 高効率による省エネルギー性を徹底追及した「TRAシリーズ」 ~
TRAシリーズ(TRA40・出力450kW)
関連リンク:TRAシリーズの詳細へ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。