ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

リチウムイオン電池事業でA123Systems社と共同事業契約を締結

-2009年10月28日-

プレスリリース

 IHIとA123Systems社(以下、A123)は、日本市場(輸送、電力、産業機械、船など)へのリチウムイオン電池供給に向けて、共同事業契約を締結しました。

 本共同事業契約で、両社はエネルギー貯蔵分野での新規顧客開拓をおこない、事業展開していくことで合意をしました。
 IHIとA123は、マーケティング調査と営業活動を行い、有望顧客を開拓するとともに、高い技術力を駆使し、システム設計および製品供給を行います。

 また、IHIは11月1日付けで「リチウムイオン電池プロジェクト室」を発足し、事業化を進めてまいります。

 IHIでは、「資源・エネルギー」分野を重要な領域として、2006年から経営メンバーを中心に「エネルギー戦略」を検討する会議を設置して、広く検討を進めてまいりました。その中で、低炭素社会の実現に貢献するためには、原子力と二次電池を最も強化する事業として取り上げました。
 また、IHIは新事業創出を目的として、主に米国マサチューセッツ工科大学発のベンチャー企業の調査を行い、その活動において高い安全性、長寿命化を実現した競争力のあるリチウムイオン電池を開発、製造しているA123に注目、関係を深めてきました。その成果が、今回の合意となって結実したものです。

 A123との今回の協業は、低炭素社会を実現する技術を提供する当社の方針という観点からも、大きな前進であると考えています。IHIとA123は、幅広い産業分野に標準化を進めたリチウムイオン電池の供給をおこない、エネルギー貯蔵分野の市場開拓を進めていきます。

 A123のリチウムイオン電池の特徴は、以下のとおりです。

独自開発したナノフォスフェイト*1技術を適用し、高エネルギー密度と出力密度を達成。
ナノフォスフェイト正極材により、高い安全性に加えて、長寿命を達成。
希少金属を使用しないこと、構成部品の標準化を行うことでコスト競争力のある製品を実現。

 IHIとA123は、自動車メーカー、建機メーカー、住宅メーカー、その他産業機械メーカーを訪問してPR活動を開始、大きな反響を得ています。IHIでは、2011年を目処にエネルギー事業の中核事業にすべく活動を展開していきます。

注)*1:A123Systems社の登録商標 ナノテクノロジーを活用し、理想的な結晶構造を達成する技術

<A123Systems社長David Vieauデービッド・ヴェユー氏の今回の提携に関するコメント>

 「日本市場におけるエネルギー貯蔵事業の重要性、可能性を認識しだしたこの時に、IHIのような強力なパートナーに出会えて非常に嬉しく、光栄に思います。IHIが弊社の技術に対して自信、確信を持ちえたのは、垂直的に統合されたリチウムイオン電池や電池システムの供給元として、我々が提案する製品と事業戦略に対する評価の結果であると信じております。今後も引き続き、製品設計や製造を通じて多くのお客様に対する事業の多様化を図ってまいります。この提携により更に効率良く我々の技術を重要な日本市場へお届けすることができると確信しております。」

A123Systemsについて:

A123Systems, Inc.[NASDAQ:AONE]は先進型リチウムイオン電池および電池システムの開発および製造を行っている。
主な用途は輸送関連、電力系統の安定化、ポータブル電力市場などである。
本社はマサチューセッツ州にあり、2001年に米国エネルギー省より$100,000の助成金を受けて創業した。
A123Systemsの所有するナノスケールの電極技術は、マサチューセッツ工科大学の研究開発を受けて開発されたもので、ナノフォスフェイトと呼ばれる材料を正極材に用い、高い安全性、長寿命化、低コストを実現している。
A123の電池および電池システムを採用している企業は、輸送関係、系統での電力貯蔵。ポータブル電力供給では、クライスラー、上海汽車工業総公司、AES Energy Storage, LLC、The Black & Decker Corporationとなっている。

社長:Mr. David Vieau (デービッド・ヴェユー氏) 

本社:マサチューセッツ州ウォータータウン

詳細は下記ホームページをご覧ください。


リチウムイオン電池事業でA123Systems社と共同事業契約を締結
A123社製リチウムイオン電池

関連リンク:A123SystemsのHP 

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。