ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

新型インフルエンザ対応用に強力オゾン除菌・集塵機を開発・販売開始

-2009年11月30日-

プレスリリース

 IHIと関係会社の株式会社IHIシバウラ(社長:西村隆志、本社:長野県松本市、以下ISM)は、新型インフルエンザなどの感染対策用として、集塵除菌能力を強化したオゾン除菌・集塵機の新機種である強力オゾンエアクリア「JS-5000(es)」を開発、本機種の特定販売代理店で、IHIオゾン関連機器について5000台の販売実績を持つ株式会社ジェイ・シー・アール(社長:疋田和由氏、所在地:大阪市北区、以下JCR)が販売を開始しました。

 「JS-5000(es)」は、JCRが販売する「JS-3100」をより高性能化した機種です。
 本機は、従来機の2倍以上の長寿命化を実現した新開発のオゾナイザ(オゾン発生器)を搭載し、オゾン発生量、風量も増加、より高効率(低電力)で耐久性の高い装置となっています。また、抗菌・抗ウイルス・抗アレルゲン機能付きのHEPAフィルターを2重に搭載することで、従来機以上の高性能化を実現しています。
 操作面でも、見やすい大型液晶モニターを採用することで操作性をアップ。作業状況、機能選択状況(モード、風量、時間など)を一目で確認できるほか、お客様へのメッセージを流すことも可能です。

主な特長は、
<吸引空気清浄機能>

オゾンと、抗菌・抗ウイルス・抗アルゲンHEPAフィルターを吸引側と清浄空気の排出側の両側に設置することで、より確実なウイルス、細菌の除去を実現。
オゾン、脱臭フィルターに加えマイナスイオンで強力脱臭。

<オゾンくん蒸機能>

新型オゾナイザ(医療用具として多数実績がある機種に搭載しているオゾナイザを、さらに高性能化)を搭載し、安定したオゾン発生量を確保し、長時間のオゾン発生が可能。
室内が無人の時は、オゾンを放出し室内の隅々まで充満させ、浮遊菌や、壁・天井・装備品の裏側などにある付着菌・固着臭まで短時間で強力に脱臭・除菌。
くん蒸後は、自動的に室内のオゾンを分解、残留毒性がない。

 近年、IHIオゾンエアクリアは、結核菌やMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などの感染菌による院内感染防止対策やノロウイルス、SARS対策として、医療機関への導入の他、老人福祉施設・幼稚園、保育園向けなどで多く採用されてきています。

 急激な広がりを見せる新型インフルエンザの感染対策用としてIHIオゾンエアクリアの需要が急増していることから、IHI/ISMでは、JCRを通じて「JS-5000(es)」を、初年度600台、来年度以降は年間販売台数1000台以上を目標に医療関連施設、老人福祉施設、幼稚園・保育園、一般企業、ホテル、消防署など向けに営業活動を展開していきます。

 株式会社ジェイ・シー・アール

社 長 疋田 和由
本 社 大阪市北区天神橋3-2-10 新日本南森町ビル10F
お客様窓口 0120-21-3229
売上高 4億9千万円
事業内容 平成13年から、IHIオゾン関連機器の販売およびメンテナンスを手がけ、医療機関・老人福祉施設・保育園・幼稚園などを中心に、約5000台の販売実績を有している。

<オゾンエアクリア「JS-5000(es)」> ※ (es)(=エコロジーシステム)は商品名

外形寸法 幅500×奥行245×高さ820 mm、重量:27kg
適応作業面積 最大100㎡
価格 オープンプライス(実勢80~85万円)

<オゾン(O3)について>
 オゾンは酸素分子に酸素原子が結合した構造であるが、酸素原子1個を放出して酸素に戻ろうとする性質がある。放出された酸素原子は周囲のあらゆる物質と酸化反応を起こし、その細胞膜を酸化させることで細胞そのものを死滅(細菌、ウイルスの遺伝子の特定塩基を攻撃・破壊)させることができる。また、残留毒性や作業従事者への影響が少なく、製造が容易で経済的なため、従来のホルマリンやエチレンオキサイトガス(EOG)に代わり、より安全で有効なガス消毒方法として急激に需要が伸びている。

株式会社IHIシバウラ(ISM)

本 社 長野県松本市石芝1-1-1
代表取締役社長 西村隆志
事業内容 エンジン、トラクタ、芝草・芝生管理機器、防災機器・浄水機器、オゾン関連機器、素形材、電子制御装置の開発・製造・販売
売上高 309億円(2008年度)

 ※(es)は、esを○で囲んだものですが、ブラウザで表示可能な表現で代用いたしました。


新型インフルエンザ対応用に強力オゾン除菌・集塵機を開発・販売開始

関連リンク:ISMオゾン関連機器の総合サイト 

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。