ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

100万台/年規模の生産能力を有する自動車用ターボチャージャの新工場がドイツに完成

-2009年4月23日-

プレスリリース

 このたび、IHIの関連会社で自動車用ターボチャージャの生産を行うため、昨年6月に設立したIHI Charging Systems International Germany GmbH(以下 ICSG、社長:古川 弘)は、ドイツのチューリンゲン州アランスタッド市近郊に新工場(延床面積:約11,000㎡)を建設し、4月22日に開所式を行いました。開所式には来賓として、チューリンゲン州首相 ティーター・アルトハウス氏、在ドイツ連邦共和国特命全権大使 神余隆博氏が参列されました。投資金額は約70億円で、2011年には、100万台/年の生産能力を持つ新鋭工場となります。

 本工場を建設したドイツのチューリンゲン州は、自動車関連産業の基盤が整っており、高品質な製造、生産体制の構築が可能です。また、本工場は、IHIと独ダイムラー社の合弁会社で、ターボチャージャの設計、製造などを手がけているIHI Charging Systems International GmbH(ICSI、社長:古川 弘)の本社から近く、本社機能や設計において迅速な意思の疎通が可能となります。

 従来ターボチャージャは、ガソリンエンジンに比べ馬力の低いディーゼルエンジンの馬力を補うために自動車に搭載されていました。しかし、今後はヨーロッパを中心に、ガソリンエンジンのダウンサイジングが進み、ディーゼルエンジン向けだけではなく、ガソリンエンジン向けのターボチャージャの需要も拡大していきます。

 今後、IHIは、イタリア・ミラノ近郊にある既存の工場と併せてICSGとも連携を取り、ターボチャージャの需要が旺盛な欧州市場で、シェアを拡大すべく、積極的な受注活動を行っていきます。

【IHI Charging Systems International Germany GmbH(ICSG)新工場の概要】

1.所在地  :ドイツ チューリンゲン州アランスタッド市
2.敷地面積 :約130,000㎡ (約13ha)
3.建設面積 :延床面積 約11,000㎡(平屋)
4.従業員数 :現在30名、(2010年末には約160名の予定)
5.投資額 :約70億円
6.生産品目 :車両用過給機
7.生産能力 :100万台/年(2011年度)

【ICSGの概要】

1.社 名  :IHI Charging Systems International Germany GmbH(ICSG)
2.所在地 :ドイツ チューリンゲン州アランスタッド市
3.社 長 :古川 弘
4.設立年月日 :2008年6月27日
5.出資者 :IHI Charging Systems International GmbH(ICSI) 100%
6.事業内容 :車両過給機の製造

【ICSIの概要】

1.社 名  :IHI Charging Systems International GmbH(ICSI)
2.所在地 :ドイツ ハイデルベルグ市
3.社 長 :古川 弘
4.設立年月日 :1998年11月17日
5.出資者 :IHI 51%、Daimler AG 49%
6.事業内容 :車両過給機の設計、開発及び販売

100万台/年規模の生産能力を有する自動車用ターボチャージャの新工場がドイツに完成
上空から撮影したICSG新工場

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。