ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

米ロッキード・マーチン社から衛星用エンジンを4台受注 ~海外向け衛星用エンジンの受注が累計100台達成~

-2010年11月29日-

プレスリリース

 IHIの子会社であるIHI エアロスペース(以下IA,所在地:東京都江東区,社長:石井 潔)は,このたび,米国ロッキード・マーチン社から通信衛星「Vinasat-2」に搭載される衛星用エンジンを含め計4台のエンジンを受注しました。「Vinasat-2」は,ベトナム2基目の衛星として2012年に打ち上げが予定されており,ベトナム郵便通信グループ(VNPT)が運営を行います。今回の受注で,IAの海外向け衛星用エンジンの受注は累計で100台となりました。

  今回受注した衛星用エンジンは,IAが2000年に独自開発したもので,推力450N(ニュートン,約45kgf),比推力(*)329秒と世界最高性能のエンジンです。燃料にはヒドラジン,酸化剤には四酸化二窒素を使用します。衛星用エンジンは,比推力が高くなると燃費が向上することから,本エンジンは,衛星の軽量化や衛星の長期間の運用を可能とします。

  IAは,1964年にロケット用ガスジェット姿勢制御装置の開発を開始して以来,日本の衛星用エンジンのリーディングカンパニーとして衛星用エンジンの開発に携わってきました。IAの海外向け衛星用エンジンは2001年の初フライト以降,順調に実績を重ねており,これまでの実績、性能、高信頼性が認められ,海外衛星メーカーの静止衛星向け推進モジュールに標準装備として採用され、これまでに合計54台のエンジンのフライト実績を有しています。

  今後,IAでは,衛星の打ち上げ需要が旺盛な欧米を中心とした海外での事業拡大を目指し,積極的な受注活動を行っていきます。

(*)比推力:ロケットや衛星用エンジンの燃費を示すもので,一定の燃料(1kgの推進薬)で1kgfの力を何秒出し続けられるかという燃費を示す指標であり、値が大きいほど高性能となる。


今回受注した衛星用エンジンと同型のIA製衛星用エンジン
今回受注した衛星用エンジンと同型のIA製衛星用エンジン

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。