ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

東京製鐵田原工場向け熱延広幅帯鋼圧延ラインが完成 ~国内初の電炉の薄板生産拠点が稼動開始~

-2010年4月14日-

プレスリリース

 IHIの関係会社であるIHIメタルテック株式会社(以下、IHIMT)が製造した東京製鐵株式会社田原工場(愛知県田原市、小川卓男取締役工場長)向けの熱延広幅帯鋼圧延ラインが完成し、このたび、引渡しが完了いたしました。

 本ラインは、国内の電炉としては初めての薄板生産専用拠点の製鋼一貫工場である田原工場向けとして2006年にIHIMTが受注し、昨年秋から試運転を行っていたものです。製鋼一貫工場全体の生産能力は、同社最大規模となる年産250万トンです。

 本工場では、同社が従来から主力としている建材のみでなく自動車や家電用としても、強度と加工性を両立した高品質の薄板を製造していくもので、最薄1mmまでの加工が可能です。
 今回納入した圧延ラインの中で、製品の品質安定化および圧延前の材料の均熱化を図る装置は、東京製鐵とIHIとが共同で開発したもので、スクラップ材から高品質な薄板を製造することを可能としています。

 これまで、IHIグループでは東京製鐵岡山工場向けにも圧延ラインを納入するなど、同社へは数多くの圧延ラインおよび電炉などを納入しており、その実績が評価され今回の受注へ繋がったものです。

 IHIMTでは、今後も国内外問わず、圧延機など製鉄機械の新設、更新、改修工事など幅広く対応していきます。

契約範囲:圧延設備(粗ミル、仕上ミル、ダウンコイラーなど)の製造、据付、試運転調整

※ IHIメタルテック株式会社
本 社 東京都港区新橋5-10-5
代表取締役社長 松下 俊郎
事業内容 鉄鋼・非鉄用各種圧延設備、連続鋳造設備、プロセスライン設備およびそれらの制御装置に関するエンジニアリング、販売

東京製鐵田原工場向け熱延広幅帯鋼圧延ラインが完成 ~国内初の電炉の薄板生産拠点が稼動開始~
東京製鐵田原工場向け圧延ライン

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。