ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

日本最大規模の冷凍物流センターが完成

-2010年7月22日-

プレスリリース

 IHIは、このほど日本生活協同組合連合会(以下「CO-OP」、所在地:東京都渋谷区渋谷、
会長:山下俊史)から受注した、鳥栖冷凍流通センター(以下「本センター」、所在地:佐賀県鳥栖市姫方町)の物流設備工事を完成させました。

 このたび完成しました、本センター(延床面積 約19,000㎡)は、冷凍商品の「入荷」「保管」「搬送」「仕分け」「ピッキング(詰め合わせ)」「出荷」機能を持つ最新の物流センターです。零下25℃に保たれた環境下でICタグを利用し、ピース(個)単位の高速自動仕分けを行う設備を導入した冷凍物流センターとしては日本最大の規模となります。

 IHIは、冷凍商品約2万ケース(平均サイズ換算)を一時保管する異種荷姿対応冷凍ケース自動倉庫「冷凍シャトル&サーバー」や、1時間の処理能力約3万ピース(1日に約30万ピース)の冷凍高速自動仕分け機「冷凍オーダマチック」、冷凍下での仕分けに必要な情報処理設備など本センターの物流設備工事一式(設計・製作・据付・試運転調整)を担当しました。

 本センターでは、冷凍環境下での人手の作業をなくし、また気温5℃での1人当たりの仕分け作業効率を高めることによって、作業人員の大幅な削減も実現しました。また、商品を搬送するセンター内循環トレーには、ICタグを取り付けることにより正確な仕分けを実現しました。無人の冷凍環境にて、自動で商品を取り扱うことによって仕分けおよびピッキングのミスを解消するとともに品質の向上にもつなげています。

 IHIの物流システム事業は、液晶パネル生産に活躍するクリーン物流、10tを超える重量物対応自動倉庫、危険物を保管する危険物対応自動倉庫、マイナス60度まで対応できる冷凍自動倉庫など幅広い業界に多数の物流設備を納入しています。

 IHIは今後も、客先製品の品質維持と物流センター内での作業効率の向上に貢献できる物流システムの拡販を図るべく、積極的な営業展開を図っていきます。


日本最大規模の冷凍物流センターが完成

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。