ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

2011年 社長年頭挨拶(要旨)

-2011年01月05日-

プレスリリース

 当社社長 釡 和明の新年挨拶を仕事始めの1月5日朝、社内イントラネットで、海外勤務者を含む従業員向けに配信しました。挨拶の要旨は以下のとおりです。

今年は、変革を加速させ、真のグローバル企業を目指す。

 
【激動する世界経済に対応すべく、変革の加速を】
 世界経済は、低迷する先進国と成長する新興国とに二極化し、当社がターゲットとする世界マーケットの状況もリーマンショック以前から激変している。また、日本経済は足元の急激な円高もあり、輸出鈍化に伴い景気回復スピードが弱まり、先行きの不透明感から脱していない状況である。このような厳しい環境下、今年は、当社の中期経営計画『グループ経営方針2010』の中間年となる重要な年である。厳しい環境にも関わらず、2010年度の業績見通しは、年初の見通しを変更することなく堅調に推移している。中期経営計画としても順調なスタートを切ったと言えるが、この勢いを今年も維持、拡大し、各事業の施策を一層拡大させていきたい。そのためにも、当社を取り巻く激動する環境に俊敏に対応すべく、全ての部門全員がお客様の立場に立って考え、行動しなければならない。そのためにも、中期経営計画で掲げた以下3つのパラダイム転換を実現すべく、当社における変革を加速しなければならない。
○「ライフサイクル重視のビジネスモデル」
○「市場ニーズに即した製品戦略」
○「グローバルな事業運営」

【真のグローバル企業を目指す】
 昨年、当社も関わった「はやぶさ」帰還は、日本の技術力の素晴らしさを証明し、日本中に希望と感動を与えたことを、社員一同実感したところである。このような世界に通用する技術を探求し続けることに加え、世界の個別ローカル市場のニーズを徹底的に把握するとともに、経営資源を世界的視野で最適配置し、効率的に製品・サービスを提供できるネットワークの構築を実現することによって、真の「グローバル企業」として世界のマーケットで勝ち抜く力をつけることが必要である。
 最後に、安全と健康が企業活動の大前提である。皆さんとご家族の健康を祈念するとともに、今年一年安全で無事故の職場づくりに取り組んでほしい。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。