ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

30万トン型タンカー「TSUGARU」の引き渡し

-2010年09月29日-

プレスリリース

株式会社 アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU,社長:蔵原 成実,所在地:東京都港区)は,9月29日(水),呉工場(広島県呉市)にて日本郵船株式会社(社長:工藤 泰三,所在地:東京都千代田区)向け30万トン型タンカー「TSUGARU」を引き渡しました。
本船は,2003年から呉工場にて建造している30万トン型VLCCの21隻目となります。
本船は(*1)PMA規則を適用し,貨油タンク内の点検を容易にしたほか,(*2)VECSを採用し,より一層環境に配慮した船となっています。

(*1)PMA(Permanent Means of Access)規則:
・タンク内に固定式点検足場を設置するよう定められた規則。
(*2)VECS(Vapor Emission Control System):
・積荷(原油)を積み込む際発生する貨物蒸気など有害の混合気体を大気中に
放出しないよう,陸上設備へ戻すためのシステム。

<主要目>
全長        : 333.00m
幅         : 60.00m
深さ        : 29.00m
夏季満載喫水 : 20.60m
総トン数     : 約160,000トン
載貨重量トン数 : 約300,000トン
主機関      : DU-SULZER 7RT-flex84TD ディーゼル機関 × 1基 連続最大出力27,160kW×74.0rpm
乗組員      : 定員54名
航海速力    : 約16ノット
船級       : 日本海事協会(NK)
船籍       : シンガポール
進水       : 平成22年6月11日
引渡       : 平成22年9月29日


30万トン型タンカー「TSUGARU」の引き渡し

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。