ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

環境対策製品:漏油検知器「オイルリークモニタ」新機種を開発、販売開始 ~灯油・軽油・ジェット燃料も検知可能な「高感度無水防爆センサ」を新発売~

-2010年10月28日-

プレスリリース

IHIの関係会社である株式会社IHIエスキューブ(本社:東京都中央区、社長:中塚 正人、以下「IS3」)は、このほど、環境対策製品として販売を伸ばしている漏油検知器「オイルリークモニタ」の新機種として、軽油、灯油、ジェット燃料の検知に対応した「高感度型無水防爆センサ」の開発を完了し、販売を開始しました。
漏油検知器「オイルリークモニター」は、センサに光ファイバーを利用したIS3独自開発の製品で、機械や燃料配管などからの微量の油も、最速わずか12秒という高速で検知する製品です。
今回、新たに開発した「高感度型無水防爆センサ」は、今までの製品では、検知することが難しかった灯油・軽油・ジェット燃料に対して、高速かつ微量での検知が可能となりました。
そのため、生産設備や機械類から漏れ出した油を災害発生前に早期検知する安全・保安製品としての需要を期待しています。
主な特徴は以下のとおりです。

1.最速12秒で高速検知
・光ファイバーセンサの採用により、従来では数分以上かかっていた検知時間が最速12秒で検知可能になりました。
2.わずかな油も見逃さない。微量の油も検知
・検知しにくかった軽油、灯油、ジェット燃料についても微量検知可能になりました。
3.省スペース型無水防爆センサ
・小型化することにより、自家発電設備の燃料監視など狭小なスペースにも容易に取付けることが可能です。

 本装置は、オフィスや研究機関、病院、公共施設などの自家発電設備の配管や空港内の燃料給油配管、貯蔵燃料タンクなどの監視に役立ちます。今後、世界中で環境対策製品として採用されることを期待しています。IS3は、今までに1,350台の漏油検知器の販売実績を有していますが、今後、年間3億円を販売目標として営業活動を展開していきます。


漏油検知器「オイルリークモニタ」新製品 高感度型無水防爆センサ

関連リンク:http://www.iscube.co.jp/contents/news/topics100916.html

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。