ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

環境負荷低減型タンカーおよびばら積船の概念設計を完了 ~環境負荷30%低減を実現した画期的なタンカーおよびばら積み船を開発~

-2010年12月02日-

プレスリリース

株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU、所在地:東京都港区、社長:蔵原 成実)は、このたび、環境負荷低減型タンカーおよび環境負荷低減型ばら積船を開発し、概念設計を完了しました。
  開発したタンカーおよびばら積船は、改良型二重反転プロペラシステム(改良プロペラ+2機1軸プラント)や複合型省エネ付加物、波浪中抵抗増加を抑える船首形状、プラントシステムの効率向上などの様々な工夫を行うことにより、従来船と比べ、実海域航行時の温室効果ガス(GHG)の排出量を約30%削減することができます。燃費についても、同様に従来船と比べて約30%の削減が可能になります。
  IHIMUは、新コンセプトに基づく環境負荷低減船を「eFuture」と名づけ、その開発をスタート、その第1弾として環境負荷低減型コンテナ船を6月に発表しました。今回はその第2弾として31万ton型タンカー「eFuture 310T」、5万6千ton型ばら積船「eFuture 56B」の概念設計(コンセプトデザイン)を完了、主要3機種でeFutureシリーズをラインアップしました。
  本コンセプトも前回と同様、すぐにでも実現可能な技術の組み合わせでGHG30%の削減が達成できることが大きな特長で、アフラマックスタンカーやケープサイズばら積み船などの他のサイズの低速船にも共通して適用できる技術です。
  今回開発した環境負荷低減型タンカーおよびばら積船の技術的な特長は、以下のとおりです。船舶における環境負荷低減のニーズは、今後世界的にますます強くなる見通しですが、IHIMUは、省エネ技術を活かし地球環境保護に貢献する船舶を開発・建造していきます。

特 長:
すぐにでも実現可能な技術の組み合わせにより、GHG30%削減を達成する。
(推進性能の向上)

・二重反転プロペラを採用し、これに複合省エネ付加物を組み合わせることにより、推進効率を大幅に高める。
・上記二重反転プロペラの動力には2機1軸の推進機関を採用し、1機1軸と比較してプロペラ回転数の選択自由度を増すと共に、推進系プラントの小型化、軽量化を実現する。
・低摩擦型塗料の採用により、摩擦抵抗を低減させる。
  (実海域推進性能の向上)
・船首フレアが船内側に傾斜したホエールバックバウにより、船首での波の反射を抑制し、波浪中抵抗増加を抑える。
・居住区に風圧抵抗低減策を施し、風圧抵抗を抑える。
  (プラント効率向上)
・電子制御主機関および可変ノズル型高効率過給機を採用し、NOx規制環境下における広負荷域での燃費改善を実現する。
・主機関廃熱を利用し、蒸気および排ガスタービンにより発電する。
・軸発電機/モータを搭載し、余剰電力を推進加勢に利用、主機関の出力/燃費を抑える。

 なお、本コンセプトの一部は、国土交通省の「船舶からのCO2削減技術開発支援事業」に選定され、日本海事協会の共同研究事業と日本財団の助成事業による支援を受けて開発しました。


上:31万ton型タンカー 完成イメージ図/下:5万6千ton型ばら積み船 完成イメージ図
上:31万ton型タンカー 完成イメージ図/下:5万6千ton型ばら積み船 完成イメージ図

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。