ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

生産ラインの自動化を促進させる「バラ積みピッキングシステム」を販売開始

-2010年8月24日-

プレスリリース

 株式会社IHIは、各種工場の生産ラインなどにおいて、ケースなどにバラ積みされた複雑な形状の部品を一個ずつ取り出し、加工機などの決められた位置へセッティングする作業を自動化する『バラ積みピッキングシステム』を製品化し、このたび、販売を開始しました。

 本システムは、2008年に独自開発した「三次元物体認識技術」を適用したピッキングシステムを、お客様の要望を基に実用化に向けて改良を重ね、製品化を実現したものです。
 本システムの実用化により、従来、人手に頼らざるを得なかった作業を自動化することで省人化が可能となり、作業ミスがなくなるため品質面での向上も図ることができます。人手に頼ることなく重量物の移動も可能となるため、作業者の負担も大幅に軽減できます。また、自動化による生産性の向上のみでなく、多くの品種変更を伴う多品種少量生産の現場においても、作業の効率化が図れます。

 今回、生産現場での適用を実現するために、以下の特長を持たせました。

1.取り出しやすい対象物の選択
ロボットが取り出す対象物を選択する時に、ロボットと対象物が入っているケースの衝突や、対象物同士の衝突が起こらないよう、最適な対象物を選択することで、衝突による取り出しミスの低減、装置破損が防止できます。

2.リトライ機能の拡張
取り出しに一度失敗しても再度取り出しを行う「リトライ機能」の向上を実現しました。衝突の検出や計測・認識が不十分な場合に再度、計測から取り出しまで一連の作業を行います。これにより、生産現場で嫌われる「チョコ停」と呼ばれる短時間の停止の低減が実現できます。

3.広範囲にわたる計測を実現
対象物を計測するセンサの把持や搬送方法の工夫により複数個所で計測が可能となりました。これにより、従来システムの約9倍の範囲で高精度な認識が可能となり、大型部品や大量の部品など、より様々な対象物への適用が可能となります。

 上記の特長を有する当社のバラ積みピッキングシステムを用いると、今まで難しかったバラ積み状態から対象物を把持して加工機へ取り出し、搬送、加工完了後に再び取り出して整列させる一連の作業の自動化が実現できます。これにより、積み直し作業のような前工程が不要となり、工程の効率化を図ることができます。

 当社は、今後、本システムのさらなる高性能化を図るとともに、本年度5システム、次年度以降15システムの販売を目指します。

 さらに、当社では、従来から人手に頼らざるを得なかった作業を自動化するためのロボットの知能化技術の開発を行っており、今後は、この「バラ積みピッキングシステム」を皮切りに、独自技術を付加したピッキング・組立て・仕上げといったアプリケーションを用いた生産システムを様々なお客様へ提供していき、3年後には20億円規模の事業拡大を目指した展開をしていきます。

 なお、このデモシステムは、2010年9月14日(火)~17日(金)に東京ビックサイトで開催される「国際物流総合展」で、デモンストレーションを行う予定です。

<三次元物体認識技術>
 レーザによる三次元計測と、独自の計算方法を用いることにより、表面に特徴的な凹凸がなく輪郭がはっきりしないものでも、形状の位置、姿勢を高速かつ正確に認識することを可能にした技術です。

<三次元物体認識技術の最大メリット>
 実物を三次元計測したデータを用いることはもちろん、設計段階で作成した対象物の3D-CADデータを与えることでも、産業用ロボットに対象物を覚えさせることができるため、多品種少量生産においても段取りに時間をかけず、迅速に作業に取り掛かることができます。また、対象物が一部隠れている場合や各種形状の物体が混在している状況下でも、安定して認識することが可能です。このようなメリットを有する技術を産業用ロボットに適用できるようシステム化したのが、バラ積みピッキングシステムです。

<基本仕様>  
計測方法 : レーザ光を用いた三次元計測
計測範囲 : 800×1000mm(9視点)
計測時間 : 約57秒(9視点)
認識方法 : 三次元データとの照合による形状認識
認識時間 : 状況により異なります。
対象物 : 各種部品等
構成機器 : 制御装置、ロボット、ロボットコントローラ、ハンド、距離センサ、バッファ
標準価格 : 1500万円~(システム構成による)


バラ積みピッキングシステム
上:バラ積みピッキングシステム デモ機、下:取り出しの様子

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。