ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

東京消防庁からリチウムイオン蓄電システムを初受注 ~都内の消防署33か所に一括納入~

-2011年11月17日-

プレスリリース

 IHIは、このたび、東京消防庁から、リチウムイオン蓄電システム83台を一括で受注しました。
 今回の受注は、IHIとしてリチウムイオン蓄電システム初受注となるもので、納期は2012年3月の予定です。 

 本件は、東京消防庁麹町消防署をはじめとする都内33か所の消防署が対象となっているもので、ピークシフト機能、非常時蓄電池機能、および無瞬停機能を有する蓄電システムです。
ピークシフト機能は、東京電力の商業用電力から蓄電し、昼間等需要の高い時間帯に放電をおこない電力消費量の平準化をおこないます。
 非常時蓄電機能は、商用電源が停電した場合に、蓄電池から3時間程度の電力(エネルギー量:8.4kWh)供給が可能となります。また、無瞬停機能により、停電時に電源が途絶えることなく、蓄電システムから電源供給が行えます。

 今回、東京消防庁は、蓄電池の「安全性を考慮し、高温等の温度変化においても化学反応をしない安全な材質を用いたオリビン型構造リン酸鉄リチウム電池」*1を指定し入札を実施。IHIが11月14日におこなわれた入札で落札いたしました。

 IHIでは、A123Systems社と事業提携を結び、リチウムイオン電池システムの事業化を開始しております。IHIリチウムイオン電池システムの優れた安全性と競争力を活かし、今後とも、低炭素社会の実現に向け、より一層リチウムイオン電池事業を推進していきます。

-受注概要-
受注内容:受注内容:リチウムイオン蓄電システム(電源装置:単相3 線200V 5kVA)×83台
       東京消防庁麴町消防署など33か所に設置。東京電力の商業用電力から蓄電し、
       停電時や昼間等需要の高い時間帯に放電する装置
納期   :2012年3月

*1:東京消防庁製造仕様書より

※ オリビン型構造リン酸鉄リチウム電池とは:正極材に同材料を使用した安全性に優れるリチウムイオン電池です。


東京消防庁からリチウムイオン蓄電システムを初受注 ~都内の消防署33か所に一括納入~

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。