ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ドイツ船級協会と大型LNG燃料コンテナ船の共同開発に調印

-2011年11月29日-

プレスリリース

 株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(以下IHIMU、所在地:東京都港区、社長:蔵原 成実)は、ドイツの船級協会であるゲルマニッシェルロイド(Germanischer Lloyd 、以下GL)と、液化天然ガス(LNG)を推進用燃料として使用する環境にやさしい大型コンテナ船(13,000TEU)の共同開発を実施することに合意し、11月24日、調印式を行いました。

 IHIMUは、地球環境保護の観点から、昨年、各種省エネ技術を組み合わせて温室効果ガス(GHG)の排出を約30%削減する環境対応型船舶(eFuture シリーズ)のコンセプトデザインを行いました。また、GHG削減率をさらに向上させ、2016年からの施行が予定されているIMO(国際海事機関)のNOx、SOxに対する排出規制レベルTierⅢをクリアするため、当社独自のSPB LNG燃料タンクを用いたLNG燃料システムを開発、その適用例として10,000TEUコンテナ船のコンセプトデザインを行いました。

 今回は、昨年、環境負荷低減型コンテナ船としてコンセプトデザインを行った13,000個積み大型コンテナ船「eFuture 13000C」をもとに、IHIMUが実施する上記のSPB LNG燃料タンクを用いたLNG燃料システムを搭載した大型LNG燃料コンテナ船の設計についてGLがレビューすることにより、来年夏のGLによる基本承認(AIP)取得を目指します。

 GLは、コンテナ船に関する主要船級であるとともに、LNG燃料推進船に関する経験もあり、IHIMUは、本共同開発を通じてLNG燃料船の分野に本格的に取り組んでいきます。

 IHIMUは、今後も省エネ技術を活かし、地球環境保護に貢献する船舶を開発・建造していきます。
 
 

調印の様子:ピエールC.ザーメス上級副社長(左)とIHIMU太田垣常務

調印の様子:ピエールC.ザーメス上級副社長(左)とIHIMU太田垣常務

環境負荷低減型コンテナ船:eFuture 13000C

環境負荷低減型コンテナ船:eFuture 13000C




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。