ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

2012年 社長年頭挨拶(要旨)

-2012年1月5日-

プレスリリース

 当社社長 釡 和明の新年挨拶を仕事始めの1月5日朝、社内イントラネットで、海外勤務者を含む従業員向けに配信しました。挨拶の要旨は以下のとおりです。

今年は、パラダイム転換を加速させ、IHIグループの底力を発揮する年

【パラダイム転換の加速】
 昨年発生した東日本大震災により、IHIグループも相馬事業所をはじめ、いくつかの拠点が被災したが、グループ従業員全員の協力のおかげで、予想以上に早く回復することができ、客先からの信頼を一層高めることができた。

 取り巻く環境としては、欧州の政府債務危機や中国の景気減速懸念など、世界経済全体で不透明感が増しているほか、歴史的な円高水準が続いており、事業運営においては、非常に厳しい状況が続いている。今後、受注の確保に向けて、一層の努力を続けると共に、更なるコストダウンはもちろん、海外生産とグローバル調達を拡大し、コストのドル化をグループ全体で推進していく。

 今年は、当社の「グループ経営方針2010」の最終年度となる重要な年である。厳しい環境下ではあるが、目標数値を達成すべく、「ライフサイクル重視のビジネスモデル」「市場ニーズに即した製品戦略」「グローバルな事業運営」の3つのパラダイム転換への取り組みを一層加速していく。特にグローバルな事業運営については、地域統括拠点を整備し、海外の生産・エンジニアリング拠点やグローバル調達の拡大、人材育成などスピードを持って展開していく。

【IHIグループの総力を挙げて、震災復興に注力】
 今年は、東日本大震災の復旧から復興のステージとなる。社会基盤、エネルギー基盤を支える企業として、IHIグループ一丸となって東北地方と日本の再興に取り組んでいく。
さらに、非常用電源や代替エネルギー需要にも積極的に対応し、スマートシティー等のプロジェクトにも参画できる仕組みづくりに取り組むなど、IHIグループが社会から信頼される企業グループとなるよう全力を挙げて取り組んでいく。

 最後に、安全と健康が企業活動の大前提である。皆さんとご家族の健康を祈念するとともに、安全で事故のない職場づくりに取り組んでいく。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。