ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

東京都の「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」において豊洲エネルギーサービスが地域冷暖房事業者として唯一「トップレベル事業所」に認定

-2011年6月3日-

プレスリリース

 IHIの子会社でガスタービンコジェネ等による冷温熱,電力の供給事業を行っている豊洲エネルギーサービス株式会社(以下TESCO,社長:村野 幸哉,所在地:東京都江東区)は,このたび,東京都より,地球温暖化対策推進の程度が特に優れている事業所として,「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」において,地域冷暖房事業者としては唯一「トップレベル事業所」に認定されました。

 TESCOは,豊洲三丁目における地域冷暖房供給事業者で,豊洲IHIビル(IHI本社)と芝浦工業大学豊洲キャンパスへの熱供給および電力供給を行っています。豊洲IHIビルでは,TESCOから供給される冷温熱や電力を有効活用すべく,照明や空調設備等の各種設備において省エネへの取り組みを行っています。

また,TESCOでは,以下の通り,地球温暖化対策に積極的に取り組んでおり,これらの取り組みが総合的に評価され,今回の認定につながったものと考えています。
  1.IHIグループ製品を中核とした省エネ性に優れた最新鋭のエネルギー供給設備の導入。
  2.エネルギー供給設備の機器特性を引き出すための効率的運用法の実践。
  3.排出権取引等への積極的な対応。

 本認定は,東京都が制定している東京都環境確保条例に基づいた「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」において,地球温暖化対策が特に優れている事業所に与えられるものです。「トップレベル事業所」に認定されることにより,2014年度まで温室効果ガスの排出総量削減義務率が,通常の8%から4%と軽減されます。

 IHIグループでは,今後も,グループ全体で地球温暖化対策を含めた環境負荷低減への積極的な取り組みや,環境対応技術の研究・開発を通じて,環境負荷低減に貢献していきます。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。