ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ブラジル最大級の造船所と技術支援契約締結

-2012年6月27日-

プレスリリース

 株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU、社長:蔵原成実)は、このたび、アトランチコスル造船所(Atlantico Sul、ブラジル・ペルナンブッコ州)との間で、技術支援契約を締結しました。

 アトランチコスル造船所は、2008年頃に稼働したブラジル最大、最新鋭の造船所で、今年5月にスエズマックスタンカー1隻目を引渡し、さらに21隻のスエズマックス、アフラマックスタンカー及び7隻のドリルシップの受注残があります。

 同造船所は、現在、唯一ブラジルで大型の船舶、海洋構造物を建造できる造船所としてブラジル国内の大きな期待を受けており、生産性向上、納期確保等、工場の運営改善のため、技術支援パートナーを求めておりましたが、ブラジルで旧イシブラス造船所(リオデジャネイロ州)の経営実績があるIHIMUへ技術支援要請があり、今回契約締結に至りました。7月より、同造船所へ技術支援チームを派遣し、支援活動を開始する予定です。

 IHIMUは、1959年から1994年にかけて、35年に渡る旧イシブラス造船所の運営実績を通じて培った貴重な経験と最新の日本の造船所運営ノウハウを活かして、ブラジル造船海洋産業の発展に寄与してきました。また、当社は、エンジニアリング事業を積極的に進め、この技術支援を通じて、成長が期待されるブラジルでの造船海洋ビジネスの展開へつなげていきたいと考えています。

 

会社データ  
設立年 2005年
従業員数 4,500名
資本金 1,597,404千BRL(日本円換算:約600億円)
主要設備  
工場面積 1,620,000㎡
ドライドック 400m×78m×12m
運搬設備 ゴライアスクレーン1500トン×2

 

120627_2



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。