ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ディーゼルユナイテッドが、バルチラ製電子制御エンジンの1,000台目を受注

-2012年10月11日-

プレスリリース

 株式会社ディーゼルユナイテッド(住所:東京都千代田区神田須田町、社長 宇都宮 正時、以下DU)は、このたび、株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(住所:東京都港区、社長:蔵原 成実、以下IHIMU)より、JX日鉱日石タンカー株式会社向けVLCC用に「バルチラ7RT-flex82T-B」を受注しました。
 今回の受注は、バルチラ製「RT-flex電子制御エンジン」の世界累計1,000台目となります。

 バルチラ製「RT-flex電子制御エンジン」は、2001年に世界初号機が就航し、DUも世界的な環境意識の高まりを受け、国内でいち早く製造に取り組み、電子制御エンジンの分野において常に先駆者となっております。
 今回受注した「バルチラ 7RT-flex82T-B」は、省エネ型VLCC向けで、競合他社の同型エンジンに比べ、エンジンの外形寸法が小さいにも関わらず、燃料消費量が優れていること、また、RT-flex82Tの就航実績の多さから受注につながったものです。

 「RT-flex電子制御エンジン」は、コモンレール式電子制御燃料噴射システムの採用により、NOxの規制値をクリアした状態で、低燃費、スモークレス、スムーズな低回転を実現しています。更に、船の運航条件に合わせた最適チューニングを行うことが可能で、従来の機械式エンジンと比べて部分負荷での燃費効率向上に大きく貢献しており、今後の船舶用大型2ストロークディーゼルエンジンの主流となる電子制御式エンジンです。
 
 DUは、引き続き環境に考慮した舶用エンジンを販売してまいります。

DUが、バルチラ製電子制御エンジンの1,000台目を受注



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。