ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ディーゼルユナイテッド、合肥熔安動力机械有限公司、双日マリンアンドエンジニアリングの3社で舶用ディーゼル機関における業務提携を締結

-2012年6月13日-

プレスリリース

 株式会社ディーゼルユナイテッド(以下 DU、所在地: 東京都千代田区神田須田町、代表取締役社長 宇都宮正時)は、このたび、中国舶用機関製造大手の合肥熔安動力机械有限公司(※1)(以下 RongAn、所在地:安徽省合肥市)ならびに双日マリンアンドエンジニアリング株式会社(以下SOMEC、所在地: 東京都中央区日本橋室町、代表取締役社長 新井克治郎)との間で舶用ディーゼル機関における戦略的業務提携に合意し、合肥市のRongAn本社において調印式を行ないました。

 提携の内容は、RongAn、DUが製造するディーゼル機関の部品相互供給に加え、DUが独自開発した「統合保守支援システムLC-A (LifeCycle Administrator)」(※2)のRongAn製ディーゼル機関への搭載およびアフターサービスにおけるエンジニアの派遣や総括的情報交換を含み、新造機関からアフターサービス分野までの船舶のライフサイクルにわたり、お客様のニーズに貢献することを目指したものです。

 この提携をもとに3社は、舶用ディーゼル機関における情報、技術および経験の相互補完により3社の総合力を高め、お客様の船舶価値を最大限に高めるべく日中3社で取り組んで参ります。

(※1)合肥熔安動力机械有限公司(Hefei RongAn Power Machinery Co., Ltd.):
・中国の大型造船所、江蘇熔盛重工グループの大手舶用ディーゼルエンジンメーカー。2007年8月に安徽省合肥市に設立、バルチラとMANの両ライセンスを持つ。初号機は2009年10月、バルチラの電子制御式エンジン6RT-flex68Dをブラジルへ納入、2010年6月にはバルチラの新型エンジンである7RT-flex82Tを完成させている。
(※2)統合保守支援システムLC-A(LifeCycle Administrator):
・2011年4月に、DUが独自開発したソフトウェアを活用したサービスであり、単にインターネットを活用した性能診断による陸上支援サービスとは異なり、自動状態診断に基づく船内完結型のトータルサポートパッケージであり、最適運航設定やトラブルシューティング、メンテナンス予測など、ソフトウェアが自動的に作業指示を行うことが大きな特徴。


ディーゼルユナイテッド、合肥熔安動力机械有限公司、双日マリンアンドエンジニアリングの3社で舶用ディーゼル機関における業務提携を締結

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。