ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

Kvaerner Americas社の陸上EPC事業の買収によるIHI E&C International Corporationの設立について ~米国における天然ガス事業を一層加速~

-2012年7月13日-

プレスリリース

 株式会社IHIは、このたび、米国大手エンジニアリング会社である、Kvaerner Americas社から、「陸上EPC事業」の買収を行うことで、同社と合意しました。買収後の新社名は「IHI E&C International Corporation」になります。
 Kvaerner Americas社は、ガスプロセス関連設備等に実績を有するエンジニアリング会社です。IHIと、Kvaerner Americas社とは、2004年から米国において共同でLNGターミナルのプロジェクトに参画しており、これまで、Cameron LNG受入ターミナル(2009年完成)、GULF LNG受入ターミナル(2011年完成)でJVを組成して受注、建設した実績があります。
 両社は、2010年から、天然ガス液化事業にも共同で取り組んできており、現在、EPC案件受注を視野に入れたFS、FEEDを複数案件取り組んでいます。このたび、Kvaerner America社が保有するライセンスや技術を買収することで、IHIとKvaerner America社両社の事業にシナジー効果が期待でき事業分野の拡大が図れます。今後は、両社の経験と知識を活かすことで、世界のEPC業界における先進的なマーケットリーダーになるべく活動していきます。なお、本買収は、2012年7月までに締結される見込みです。

 IHIは、日本国内では多数のLNG受入ターミナルの建設実績を有しており、海外でも2000年以降、インド、メキシコ、台湾、中国、米国などのLNG受入基地を手掛けています。今後、これまでの実績を足掛かりに、
従来のLNG分野に加えシェールガス由来の石油化学分野を含む天然ガスに関連するバリューチェーンを全て提供できるよう事業を展開していきます。
 また、IHIグループとしては、今回の新会社の設立により、その製造技術に裏付けられたエンジニアリングの専門知識を用いるとともに、開発、設計、製品供給、製造、そして建設に関する競争優位性をより高めることで、お客様の環境、産業、社会、そしてエネルギーに関する問題を解決していきます。IHIは、環境と人類のバランスを考え、双方の利益のために豊かな暮らしを提供することのできる、グローバルな企業を目指します。

<新会社の概要>    
○社   名 IHI E&C International Corporation
○本   社 米国 ヒューストン
○従 業 員 175名
○代 表 者 Glyn Rodgers
○資 本 金 US$24M
○出資比率 IHI INC. 100%
○設立年月日 2012年7月(予定)
○事業内容 ①天然ガス液化設備 ②ガスプロセス関連事業 ③石油関連事業のFEEDならびにEPC業務

 
  




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。