ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

最大送電端発電出力20kWの小型バイナリー発電装置を温泉利用向けに受注

-2014年1月21日-

プレスリリース

 IHIは、最大送電端発電出力20kWのパッケージタイプの小型バイナリー発電装置「ヒートリカバリー“HRシリーズ”」一台を、七味温泉ホテル株式会社(長野県上高井郡)から受注しました。
 本装置は、同社の七味温泉ホテル渓山亭の温泉を利用して発電するもので、温泉発電用としては当社の初号機となります。
 受注範囲は、付帯設備を含めた発電システム一式で、納入は2014年3月下旬の予定です。

 ヒートリカバリーは、70℃~95℃の温水を利用して少量の温水でも最大で20kWの発電が可能な装置です。
 この装置で発電した電力は、送電網(商用電源)に接続することが可能なため、自家用として利用可能なだけでなく、地熱(温泉)による再生可能エネルギー固定買取制度の適用で売電も可能であることから、今回の受注へと至りました。
 同ホテルでは、90℃前後の温泉を利用して発電するほか、浴用だけでなく、ハウス栽培などへの二次利用なども検討しております。

 ヒートリカバリーは、従来、バイナリー発電に適さないとされ捨てられていた、少量の温水の利用実現を目的に開発したものです。
 最大送電端発電出力20kWの小型・軽量タイプで、これまで熱エネルギーの回収が難しいとされてきた、工場などで分散して排出されている100℃未満の温水を集約せずに利用できる機会が増えます。さらに、少ない熱エネルギーで高出力を得ることが可能な、非常に高効率で画期的な装置です。

 当社では、今年度末までに、20台以上の受注を目標に営業活動を展開するとともに、今後、更なるラインナップの拡充を図り、お客様の様々な省エネ・発電のニーズに対応していきます。

<ヒートリカバリー“HRシリーズ”の概略構成>
1. 発電方式:オーガニックランキンサイクル(*1)により70℃~95℃の温水からの発電が可能
2. 作動媒体:HFC-245fa/電気事業法の小型バイナリー発電の規制緩和に適合した不活性ガス
3. タービン発電機:ラジアルタービンと高速発電機を直結したダイレクトドライブ構造
4. パッケージ:オーガニックランキンサイクルを構成する機器を小型パッケージに収めるだけでなく、さらに商用電源への接続を可能にする
 系統連系機能を標準装備

<ヒートリカバリー“HRシリーズ”の特長>
1. 小規模・小型:幅:約2m、奥行き:約1.4m、高さ:約1.6m、重量:約1,900kgとコンパクト
2. 容易な取付け:温水出入口と冷却水出入口配管、電源系統の接続だけで非常に簡単
3. 静粛・低振動:タービン発電機は直結構造であるため騒音も少なく、装置の振動もほとんど無い
4. 操作性、起動性:タッチパネルですべての操作と内部状態の確認が可能。温水と冷却水を流して起動するだけで、自動で発電開始
5. 高温冷却水で発電可能:有機媒体を液化させるための冷却水の温度が30℃(一般的な工場の冷却水の平均的な水温)でも、温水が
 95℃あれば最大発電出力を得ることができる、高効率で導入しやすい仕様

*1 オーガニックランキンサイクル:沸点の低い有機媒体を作動媒体として用い、温水と冷却水によって蒸発/液化のサイクルを繰り返し、蒸発した作動媒体でタービン発電機を作動させるもので、低位熱からのエネルギー回収に有効な手法。

 
七味温泉ホテル株式会社
本社所在地:長野県上高井郡高山村大字牧
代表取締役:橋本 良彦氏
納入先   :七味温泉ホテル渓山亭(長野県上高井郡高山村七味)
客室数   : 18室


小型バイナリー発電装置「ヒートリカバリー“HRシリーズ”」
小型バイナリー発電装置「ヒートリカバリー“HRシリーズ”」

 
IHI小型バイナリー発電装置“HRシリーズ”:http://www.ihi.co.jp/compressor/binary/

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。