ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

釜石港湾口地区向けケーソンの引き渡し

-2013年05月15日-

プレスリリース

 IHIの関係会社である、株式会社IHIインフラシステム(所在地:大阪府堺市、社長:麻野 純生、以下IIS)は、国土交通省から、日鉄トピーブリッジとのJVで受注いたしました、「ハイブリッドケーソン(※1)」2函をIHIの愛知工場(愛知県知多市)で建造完了し、4月23日(火)に引き渡しを終え、5月15日(水)に釜石港へ向け出渠しました。

 今回引き渡しした「ハイブリッドケーソン」は、1函あたりの大きさは長さ50m、幅20.3m、高さ19.5m、コンクリートを含んだ総重量は約7,600tonです。

 ケーソンとは、鉄筋コンクリート造や鋼製の函であり、沿岸域に設置、並べることで、防波堤や岸壁となる構造物です。今回受注したケーソンは、鋼板と鉄筋コンクリートの合成構造(ハイブリッド)となります。

 IHIは、今までに、小田原ケーソン(漁港防波堤)、三崎ケーソン(漁港防波堤)、出島ケーソン(処分場護岸)などの納入実績があります。今後も防波堤や岸壁、護岸などにハイブリッドケーソンの採用は見込まれ、IHIグループとして取り組んでいきます。

 IHIグループは、社会基盤、エネルギー基盤を支える企業として、これまでに蓄積してきた「ものづくり技術」で、一丸となって東北地方と日本の再興のために災害復興支援事業を推進していきます。

(※1)ハイブリッドケーソン:鋼板と鉄筋コンクリートからなる合成構造で高強度、高耐久が実現できます。また、長大化が可能で、工場で製作できるのでケーソン製作の工程短縮に利点があります。

 

external_image

ハイブリッドケーソン写真

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。