ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

国内初となるハイブリッド推進システムを搭載したタグボートが就航 ~従来同型機関に比べ,燃料消費量,CO2排出量を約20%低減~

-2013年4月23日-

プレスリリース

 IHIの子会社である新潟原動機株式会社(以下NPS,社長:犀川淳一,現住所:東京都千代田区)が開発したハイブリッド推進システムを搭載した日本初の環境配慮型タグボート(以下ハイブリッドタグボート)が,このたび,横浜港にて就航しました。タグボートは主に大型船舶の離着岸を補助する小型船舶で移動時と作業時で負荷率が大きく異なります。本システムでは,駆動源(推進用ディーゼル機関,モータ)と電力供給源(発電用ディーゼル機関,高性能リチウムイオン電池) 総合出力が最適となるよう,運航状況に応じて運転モードを選択することができます。これにより,ハイブリッド推進装置を搭載していないタグボートと比較して燃料消費量や二酸化炭素排出量を約20%低減でき,環境負荷の低減に貢献します。

本ハイブリッドシステムの特徴は以下の通りです。

1.
 
NPSの得意とするZペラとモータを一体型として搭載し,システムのコンパクト化を
図っています。
2.  駆動源(推進用ディーゼル機関,モータ),電力供給源(発電用ディーゼル機関,高性能リチウムイオン電池)がそれぞれ2つずつあり,それらの組み合わせにより,状況に応じた効率の良い運転が可能です。
3.  低速航行時には積極的にリチウムイオン電池または発電用ディーゼル機関を用いてモータで航行し,推進用ディーゼル機関を停止させることにより燃料消費量を削減します。
4. 推進用ディーゼル機関を停止したモータ航行時は,従来型と比較し静穏性に非常に優れており周辺環境への配慮や船内環境の向上に貢献します。

 本システムの応用研究開発は,海洋政策研究財団(財団法人シップ・アンド・オーシャン財団)が行う技術開発基金による補助金を受けて実施しました。また,実用化段階において一般財団法人日本海事協会との共同研究体制により研究を実施するとともに,日本海事協会の「業界要望による研究開発」のスキームにより研究支援を受けて実施しております。そして実証船は,日本郵船株式会社および船主である株式会社ウィングマリタイムサービス,建造造船所である京浜ドック株式会社との共同研究により建造に至りました。
このハイブリッドタグボートは『翼』と名付けられ,3月27日には就航披露が行われました。

 NPSでは,今後も積極的にハイブリッド推進システムの営業活動を行い,船舶の環境負荷低減に貢献していきます。

 新潟原動機HP:http://www.niigata-power.com/indexj.html

環境配慮型ハイブリッドタグボート『翼』

環境配慮型ハイブリッドタグボート『翼』

従来型とハイブリッド型の構成

従来型とハイブリッド型の構成




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。