ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

IMO NOx 3次規制に対応した舶用脱硝装置(SCR)の販売を開始

-2013年5月16日-

プレスリリース

 IHIの子会社である新潟原動機株式会社(以下NPS,社長:犀川淳一,現住所:東京都千代田区)は,国際海事機関(以下IMO)のNOx 3次規制(規制内容:1次規制に対して80%以下)に対応した選択触媒還元方式脱硝装置(以下SCR :Selective Catalytic Reduction)の販売を開始しました。IMOのNOx 3次規制は,2016年から指定海域で施行が予定されています。NPSでは,このたび550~6600kWの舶用ディーゼルエンジンに対応したSCRのラインナップが整いました。また,本SCRは,新たに製造される船舶だけではなく,既存の船舶にも適用することも可能です。

 本SCRは,NPSが発電プラントで培った実績や,海上実証試験などで得た技術と経験が活かされています。これらの知見を活かした本SCRは,下記の特長を有しています。

 ① 尿素水を適切なタイミングと量で無駄なく噴射するよう制御してNOxを低減させます。
 ② 振動・騒音試験および解析で得られた要素技術を活かし,触媒を適切な位置に配置し,低振動,低騒音を実現しています。
 ③ 発電プラントとは違い,スペースの限られている船舶の機関室に適したコンパクトな設計です。
    また,容易に触媒が交換できる据付方法を適用しています。

 NPSでは,20年以上前から舶用ディーゼルエンジンに対応するSCRの技術開発に着手してきました。舶用ディーゼルエンジンは,一定回転数で運転する発電用ディーゼルエンジンと異なり,運航形態により常に回転数と負荷が変動するので,NOxを低減する技術は困難であるとされてきました。NPSでは,これまでに,多くの発電プラントにSCRを納めた実績があります。また,舶用SCRに関しても,2隻の海上実証試験を行っており,さらには1995年に建造された船にNPS製SCRを搭載しており,現在も稼働しております。NPSではこれらの実績を活かし,このたび,NOx 3次規制に対応したSCRの商品化に至りました。

 なお,本SCRの開発においては,国土交通省主導のもと2007年度から日本財団の助成を受け,日本舶用工業会が実施した「スーパークリーンマリンディーゼルの研究開発」で得られたコンパクト化等の技術と知見を取り入れております。

 NPSでは,今後,積極的に本SCRの営業活動を行っていき,船舶の環境負荷低減に貢献していきます。

新潟原動機HP:http://www.niigata-power.com/indexj.html

 

「スーパークリーンマリンディーゼルの研究開発」実践試験で供試されたSCR反応器

「スーパークリーンマリンディーゼルの研究開発」実践試験で供試されたSCR反応器




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。