ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

インド最大の液化天然ガス(LNG)貯蔵タンクの受注

-2014年1月7日-

プレスリリース

 IHIは、このたび、インドPetronet LNG (Petronet LNG Ltd.)社から同社ダヘッジLNG受入基地(グジャラート州)向けLNG貯蔵タンク建設工事を受注しました。今回の工事は、2004年に当社が納入したインド初のLNG受入基地の拡張工事で、17万キロリットルのLNG貯蔵タンク2基の設計・調達・建設業務を担当します。工事の完成は2016年を予定しています。

 当社では、これまでにPetronet LNG社に対し、ダヘッジ基地向けに14万8千キロリットル貯蔵タンク4基、コチLNG受入基地(ケララ州)向けに15万5千キロリットル貯蔵タンク2基の計6基を納入した実績があります。また昨年9月にGSPC LNG社より16万キロリットルLNG貯蔵タンク2基の建設工事を受注しており、インド国内で2案件連続のLNG貯蔵タンクの受注となります。本工事の受注により、当社のインド国内におけるLNG貯蔵タンクシェアは70%強になります。

 近年、世界的に天然ガス(LNG)の需要が高まっているなか、インドにおいても同様にLNGの需要が高まっており、LNG受入基地の更なる建設工事が計画されています。

 当社は1969年に日本初のLNG貯蔵タンクを建設して以来、世界各地で130基以上を建設しており、世界最多の建設実績を有しています。当社ではこれまでの実績を活かし、今後も世界中におけるエネルギー供給への更なる貢献の為、継続的に受注活動に励んでいきます。


当社が2012年Petronet LNG社に納入したコチLNG受入基地向けLNG貯蔵タンク
当社が2012年Petronet LNG社に納入したコチLNG受入基地向けLNG貯蔵タンク

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。