ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

香港渠務署向IHI製ガントリークレーン搭載の汚泥コンテナ搬送船竣工

-2015年3月30日-

プレスリリース

 IHI製造のガントリークレーンを搭載した香港渠務署向け汚泥コンテナ搬送船2隻が,このたび、竣工しました。
 今回納入したガントリークレーンは、2014年に香港のWANG TAK ENGINEERING & SHIPBUILDING CO.,LTD.から受注したもので、同搬送船2隻に、定格荷重20トン各1基の計2基が搭載されています。

 同搬送船は、香港渠務署(汚泥処理局)が管轄する香港WENT埋立地(香港北西部)と、ストーンカッター島(九龍半島の西側に位置)の汚泥処理プラント間における、汚泥コンテナ運搬事業に使用され、香港ビクトリア湾の水質改善と環境保全に寄与します。

 当社は1990年台に、同型クレーン計4基を香港の同事業向けに納入しています。20年が経過した現在も、問題なく稼働を続けていることから高い信頼を得ており、今回の新設航路の搬送船においても、IHI製クレーンの搭載が強く要望され、受注に結び付いたものです。

 今回の納入により、香港では合計6隻のIHI製ガントリークレーン搭載汚泥コンテナ輸送船が稼働することになります。

 当社では、1970年に船上ガントリークレーンを開発して以来、自社相生工場や愛知工場での新造船向けなどをはじめ、計約70台を納入しています。
 
 今回の受注を機に、今後も香港向け同搬送船のリプレースや新規計画で同型クレーンの受注を増加すべく、営業活動に注力していきます。

香港渠務署向IHI製ガントリークレーン搭載の汚泥コンテナ搬送船竣工



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。