ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

CDP2014において「気候変動情報開示先進企業」および「気候変動パフォーマンス先進企業」に選定

-2014年10月20日-

プレスリリース

 IHIは,このたび,企業の気候変動に対する取組みを評価するNPO法人CDP(本部:ロンドン)より,「気候変動情報開示先進企業(CDLI)」および「気候変動パフォーマンス先進企業(CPLI)」に選定されました。
 「IHIグループ環境ビジョン2013」を2013年4月に策定し,あらゆる事業活動の局面で地球環境保全と環境負荷の低減に努めております。これらのIHIグループの取り組みが高く評価され,CDPより気候変動情報開示スコア97点およびパフォーマンススコアA評価を受けました。

 CDPは,世界の767の機関投資家(資産総額92兆ドル)が連携している英国のNPO法人で,世界の大手企業を対象に,環境戦略やCO2排出量の開示を求める質問票を送付し,回答をもとに評価・分析を行なっています。
 今回,調査対象となった日本企業500社の中で,質問票に回答した企業のうち,気候変動開示スコアが優れている上位10%にあたる28社がCDLIに,気候変動パフォーマンスがA評価を受けた24社がCPLIに選定されました。

 IHIグループは,インフラ設備やエネルギー関連事業,産業システムなど地球環境と大きな関わりを持つ事業を展開しています。これは,社会の環境負荷を低減する機会を有していることにもなり,その責任は重大であると考えています。
 経営方針とリンクした「IHIグループ環境ビジョン2013」では,「製品・サービスを通した環境負荷低減」「事業活動を通した環境負荷低減」「グループ環境マネジメントの推進」の3つを柱として環境の課題解決に取り組んでいます。
 IHIグループでは,今後もお客さま・パートナーとの協業を通して地球環境を守り続けるグローバルな企業グループとなるための挑戦を続けていきます。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。