ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

タイPTTLNG社よりLNG受入基地受注の件 ~IHI初のタイ国でのLNG受入基地の建設~

-2014年4月10日-

プレスリリース

 株式会社IHI(以下、IHI)は、POSCO Engineering社(韓国)と共同で、タイ石油公社PTT Public Company Limited(以下、PTT社)傘下のPTT LNG Company Limited(以下、PTTLNG社)が推進する液化天然ガス(LNG)受入基地拡張プロジェクト(以下、本プロジェクト)に係る設計・調達・建設(EPC)業務を受注しました。
 本プロジェクトは、タイ国マプタプット工業団地(ラヨン県、バンコクの南東約200km地点)内のLNG受入基地拡張プロジェクトで、IHIと、POSCO Engineering社(韓国)は、16万キロリットルのLNG貯蔵タンク2基および年産500万トンの再ガス化設備を含む、受入基地全体のEPC業務を担当します。本プロジェクトの完成は2017年を予定しています。

 本プロジェクトは、IHIにとって初のタイ国でのLNG受入基地の建設となります。IHIはこれまでに、南西アジアのインドではPetronet LNG社に対し、ダヘッジ基地向けに4基、コチ基地向けに2基の計6基のLNG貯蔵タンクを納入した実績があります。また、2013年9月にはGSPC LNG社からLNG貯蔵タンク2基、同年12月にはPetronet LNG社からLNG貯蔵タンク2基を連続受注しました。
 東アジアの中国・上海および台湾でも、LNG受入基地を完成した実績があります。さらに中国・海南島ではLNG受入基地を現在建設中です。1969年に日本初のLNG貯蔵タンクを建設して以来、IHIは世界各地で130基以上のLNG貯蔵タンクを建設しており、世界最多の建設実績を有しております。

 本プロジェクトを計画通りに高品質で完成させること、また今後PTT社およびPTTLNG社にて計画されるLNG受入基地案件にも継続的に取り組むことで、タイ国のエネルギー安定供給に貢献していきます。IHIグループは、これまでの実績を生かし、今後も世界のエネルギー供給への更なる貢献に向けて、継続的に受注活動を行っていきます。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。