ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

IHI台北事務所設立50周年記念セレモニー開催

-2015年11月05日-

プレスリリース

 IHIグループの台湾における統括拠点である台北事務所は,本年12月に設立50周年を迎えます。この50周年を記念し,台北市内の国賓ホテルにてセレモニーを開催いたしました。

 セレモニーには,日系企業および現地企業を招待し,IHIからは代表取締役社長 斎藤保,取締役 吉田詠一など,約260名が出席しました。セレモニーでは台北事務所のこれまでの活動にご協力いただいた方々に対して感謝を示すとともに,今後のさらなる発展に向けて意見交流を行いました。また,同地域の防災インフラ強化への寄与を目的に, IHIシバウラ製可搬式空冷消防ポンプ5台を記念品として,新北市消防警察局へ贈呈しました。

external_image
 
external_image
        記念品(目録)贈呈(右 斎藤社長)                  寄贈したIHIシバウラ 消防ポンプ

 IHI台北事務所は,1965年5月に石川島播磨重工業株式会社(現IHI)が,台湾造船公司(現台湾国際造船)と技術協力契約を締結したのを機に,同年12月に設立されました。それ以来50年の永きにわたって,産業用設備やインフラ設備などを中心に,事業を展開してきました。現在は高雄市において,最先端の環境技術を用いた大林石炭火力発電設備(出力:800MW×2基)の建設プロジェクト等に携わっています。

 IHIは台北事務所を拠点として,造船事業から様々な分野の事業へ裾野を広げつつ,今日まで台湾の経済発展に貢献してきました。これからの50年,さらにはその先の未来に向けて,再生可能エネルギー,環境保全や防災関連等の新技術・技術開発分野での協業を通じて,台湾経済の繁栄,持続可能な社会の創出,技術革新的な産業の創出に向け,引き続き努めていきます。

【台北事務所概要】  
●所 在 地 台北市中山区中山北路2段96号
●創  設 1965年(昭和40年)
●納入実績
 
船舶・舶用機械をはじめ,製鉄機械・製紙機械に代表される産業用設備,原子力・火力発電所,水門,トンネル掘削機などのインフラ関連設備,航空機用エンジン,新交通システムなどの交通インフラ設備など


TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。