ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

相馬第一工場に航空機エンジン用部品の新加工棟(第5加工棟)が竣工 ~エアバス社A320neo向け「PW1100G-JM」エンジン用部品の増産体制を確立~

-2016年08月19日-

プレスリリース

 株式会社IHI(本社:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下,「IHI」)は,8月19日,航空機エンジン部品を生産する相馬第一工場(福島県相馬市)内に建設を進めてきた新加工棟の竣工式を行いました。今回竣工した新加工棟は,相馬事業所における第5番目の建屋(以下,「第5加工棟」)であり,2016年12月から,エアバス社A320neoに搭載される「PW1100G-JM」(※1)エンジン用部品である炭素繊維強化プラスチック(以下,「CFRP」)製の構造案内翼(以下,「SGV」(※2))等の生産を担います。

 航空機エンジンには,燃費低減による高い経済性や,排出ガス・騒音低減などによる優れた環境性が必要とされており,CFRPやCMC(セラミック基複合材料)などの新たな素材の活用によるエンジン性能のさらなる向上が期待されています。IHIは,耐衝撃性に優れたCFRPを独自に開発し,世界で初めて,CFRPを適用したSGVを実用化しました。SGVは,「PW1100G-JM」に採用され,エンジンの高い環境性能の実現に大きく貢献しています。

 IHIは,2015年度から「PW1100G-JM」量産モジュールの出荷を開始しており,SGVについては,相馬第一工場の既存の加工棟において,CFRPから一貫生産するラインを構築し,量産を行ってきました。「PW1100G-JM」は,その高いエンジン性能と,民間旅客機の中で,最も需要の高い単通路型機に属するA320neoに搭載されることから,多くの需要が見込まれています。この旺盛な需要に対応するため,量産開始直後から,高水準での生産を行っており,今後は生産台数のさらなる急激な立ち上がりを予定しています。従来の生産ラインに加え,2016年12月から第5加工棟を稼働させることで,今後予定されている増産に着実に対応していきます。

IHIは,今後も,独自の技術力とものづくり力を通じ,航空機エンジンの環境性能の向上に貢献するとともに,世界中の航空機の安心・安全・快適な運航を支えていきます。
 

左右にスクロールしてご確認ください。 ← →

<相馬第一工場 第5加工棟の概要>
建築面積 5,105.20㎡
延床面積 6,394.20㎡
着工 2015年10月
竣工 2016年8月

(※1) PW1100G-JM…IHIが,一般財団法人日本航空機エンジン協会を通じて参画し,International Aero Engines, LLCを主体として,米Pratt & Whitney,独MTU Aero Engines AGとの共同開発・製造を行うエンジン。

(※2) SGV(Structural Guide Vane)…ファンからの空気の流れを整流する翼部品としての機能と,ファンケースを支持する構造材の機能を兼ね備えた部品。

<第5加工棟 写真>
pr160819



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。