ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

アジア初,没入型エンターテインメント施設のネーミングライツを取得 ~豊洲に建設予定 「IHIステージアラウンド東京」と命名~

-2016年06月27日-

プレスリリース

株式会社IHI(所在地:東京都江東区豊洲,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)は,このたび,株式会社TBSテレビ(所在地:東京都港区赤坂,社長:武田 信二)が豊洲埠頭にて建設・運営するアジア初の没入型エンターテインメント施設のネーミングライツ(命名権)を取得し,「IHIステージアラウンド東京」(英語表記:IHI STAGE AROUND TOKYO)と命名しました。同施設は2017年3月に営業開始する予定です。

IHIは,1939年(昭和14年)に造船所を豊洲に設立して以来,長い年月にわたり豊洲とともに歴史を歩んできました。現在においても,「職・住・遊・学」の複合開発を推進し,同地区の発展および魅力向上に向けて,取り組んでいます。

このたび,豊洲における文化芸術の振興と知名度向上を目的に,豊洲埠頭に建設されるエンターテインメント施設の事業に関わるとともに,ネーミングライツを取得し,「IHIステージアラウンド東京」と命名しました。

豊洲を含む湾岸エリアでは,豊洲新市場の開業や,東京オリンピック・パラリンピックの競技施設・選手村の建設が計画されています。IHIは,今後も豊洲の更なる発展と魅力ある街づくりに,積極的に取り組んでいきます。

左右にスクロールしてご確認ください。 ← →

<契約内容>    
名   称 「IHIステージアラウンド東京」(英語表記:IHI STAGE AROUND TOKYO)
契約期間 2016年6月~2020年10月

<「IHIステージアラウンド東京」の概要>
「IHIステージアラウンド東京」はアジアで初めて,また,世界でも2例目の没入型エンターテインメント施設であり,1,314名を乗せた巨大な円形の客席が360°回転し,その周囲を取り囲むステージとスクリーンによって,従来の劇場では表現し得ない緻密で壮大な舞台空間を実現できます。

所在地  東京都江東区豊洲6丁目4
敷地面積  10,040.09㎡
延床面積  5,679.77㎡(2階建て)
収容人数   1,314名(全指定席)
営業開始予定  2017年3月

 

【参考資料①:IHIステージアラウンド東京 ロゴマーク】
IHIステージアラウンド東京
   
【参考資料②:IHIステージアラウンド東京 完成予想図】
IHIステージアラウンド東京



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。