ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

技術開発の中核拠点である横浜事業所に,新実験棟を建設 ~強化分野の集約により技術開発を効率化・オープンイノベーションを加速~

-2017年02月02日-

プレスリリース

 株式会社IHI(本社:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)は,このたび,当社の主要生産拠点ならびに技術開発拠点である横浜事業所(神奈川県横浜市磯子区)内の技術開発本部に,16年ぶりとなる新実験棟を建設します。新実験棟の着工は2017年8月,竣工は2018年12月の予定です。

 多様化,複雑化する社会のニーズに迅速に対応し,環境,エネルギー,産業・社会基盤における社会の諸問題を解決するため,IHIでは,グループ経営方針と一体となったグループ技術戦略を定め,様々な技術開発を進めています。横浜事業所は,この当社グループの技術開発における中核拠点であり,同事業所のうち11.3万㎡の敷地に,技術開発本部が執務するエンジニアリングセンターと28棟の実験棟から成る実験場を有します。このうち10棟の実験棟を解体し,地上5階建ての新実験棟を建設するとともに,実験場全体の最適配置を行うことにより,将来に向けた技術開発力を一層強化していきます。

 今回建設する新実験棟には,ICT・ロボティクス技術,材料技術,制御・電機技術や,水素・アンモニアバリューチェーンのコア技術など,実験場内に分散している強化分野の実験機能を集約します。さらに,これらの実験に共通する分析機器やガス・薬品などの消耗品を集約・一元管理するとともに,ICT技術を活用したスマートラボラトリ化などに取り組み,効率的かつスピーディな技術開発を推進します。
 また,社外パートナーやお客さまとの共同研究に利用可能な連携スペースや,製品展示・デモを行うつなぐエリアを設置します。IHIは,2014年10月に,同事業所内に「IHIつなぐラボ」を開設し,お客さまとともに新たな価値を創造するオープンイノベーションを推進しています。本施設での交流をもとに新たな共同研究も生まれており,今回建設する新実験棟の活用により,オープンイノベーションをさらに加速していきます。

 IHIは,経営理念である「技術をもって社会の発展に貢献する」のもと,今後も,事業活動の原点である技術開発力を強化することによって,ものづくり技術を中核とするエンジニアリング力を一層向上させ,社会の諸問題の解決に貢献していきます。

<新実験棟 建築計画の概要>

建築面積    :   3,500㎡
延床面積   :   16,000㎡
着   工   :   2017年8月
竣   工  :  2018年12月
所在地   :   神奈川県横浜市磯子区新中原町1(IHI横浜事業所 技術開発本部内)

【参考資料】

<完成予想図>

技術開発の中核拠点である横浜事業所に,新実験棟を建設 ~強化分野の集約により技術開発を効率化・オープンイノベーションを加速~

<IHIグループ技術戦略>
URL:http://www.ihi.co.jp/ihi/research_development/technology_policy/




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。