ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

70~110席クラスのリージョナルジェット用民間航空機エンジン「CF34」向けモジュールの累計出荷台数5,000台達成

-2018年1月29日-

プレスリリース

 株式会社IHI(本社:東京都江東区/代表取締役社長:満岡 次郎)は,このたび,70~110席クラスのリージョナルジェット(地域間航空機)に搭載されている民間航空機エンジン「CF34」のモジュール累計出荷台数5,000台を達成しました。
 
 リージョナルジェットは,主に中小都市間の短距離の移動に利用される民間航空機です。欧米を中心に導入が進み,アジアや中南米など新興国の高い経済成長や人口増加などを背景に,今後も高い需要が期待されています。
 「CF34」は,GE社(アメリカ)が中心となり,開発,設計,製造を行っている国際共同開発事業で,Bombardier社(カナダ)の「CRJ700/900/1000」,Embraer社(ブラジル)の「E170/175/190/195」,Comac社(中国)の「ARJ21」といった主要なリージョナルジェットに独占搭載されています。「CF34」は,その高い経済性・信頼性から,全世界で150社以上の航空会社に採用されているベストセラーエンジンとなっています。
 
 IHIは,この国際共同開発事業に参画し,「CF34」の低圧タービンモジュール,高圧コンプレッサ後段部分,シャフトなどエンジンの主要部位を担当しています。また,エンジンの開発・設計・製造で培ったエンジニアリング力を活用し,エンジン整備や,運航中のエンジン性能をモニタリングすることによって運航計画の最適化を支援するサービスを手掛けており,納入から運用,整備までエンジンのライフサイクル全般にわたるサービスを提供しています。
 
 これまでに,IHIは,70席クラスのリージョナルジェットから500席クラスの大型機まで,幅広いクラスの航空機に搭載されるベストセラーエンジンを手掛けており,現在は,Bombardier社が開発中のビジネスジェットGlobal7000に搭載される「Passport20」エンジンやBoeing社(アメリカ)が開発中の次世代大型旅客機「777X」に搭載される「GE9X」エンジンなどの新機種の開発にも取り組んでいます。今後も様々な民間航空エンジンを提供することを通じて,世界中の航空機の安心・安全・快適な運航を支えていきます。
 
●CF34概要

シリーズ名 CF34-8シリーズ CF34-10シリーズ
座席数 70人~100人クラス 80人~110人クラス
推力 14,500ポンド 20,000ポンド
搭載機体 CRJ700/900/1000, E170/175 E190/195, ARJ21
運航開始時期 2001年 2005年
エンジンマーケットシェア 100%(独占搭載)
IHI参画シェア 約27%

 
<関連画像>

CF34エンジン(提供:GE社)

CF34エンジン(提供:GE社)




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。