ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

2018年 社長年頭挨拶(要旨)

-2018年1月5日-

プレスリリース

当社社長 満岡 次郎は仕事始めの1月5日朝,IHIグループ全従業員向けに新年挨拶を行いました。要旨は以下のとおりです。

信頼回復,そして変える

 昨年は,産業界をはじめ,私たちの身の回りにおいても,AIやIoTなどデジタル化の波が押し寄せ,電気自動車の開発・普及が本格化するなど,大きな変化の兆しが見られた一年だった。あらゆる分野で起きているこうした変化は,従来の延長線上にはない「不連続な変化」だが,私たちにとって,新たなビジネスチャンスにつながるもの,つなげていかなければならないものと考えている。

 昨年4月以降,IHIグループは「信頼回復,そして変える」をスローガンとして掲げてきた。2017年度も残すところあと3か月。まずは,着実にPDCAを回し続けることにより,業績目標を達成し,「信頼回復」を確かなものにしていく。そして,4月から始まる「グループ経営方針2016」の最終年度に向けて,経営目標である「営業利益率7%,ROIC 10%」を達成すべく,私たちはスピーディーに変わっていかなければならない。つまり「そして変える」を実行しなければならない。そのための施策の方向性は次の3つ。

①リーン・アンド・フレキシブル
 世の中の大きな変化をチャンスとして活かすため,私たち自身が,筋肉質で柔軟な事業体質となり,変化に対応できるように変わる。

②モノ売りからコト売り
 私たちのみでなく,お客さまも同様に,大きな変化に直面している。お客さまの課題に対応するためには,機器供給を中心とする従来のビジネスばかりではなく,お客さまの事業運営・オペレーションに対して,IHIグループの各事業が連携してサポートしていくよう,問題解決型のビジネスモデルを創出する。

③グローバル
 世界のお客さまの問題解決に貢献していくことが,IHIグループの事業拡大と収益向上の大きなチャンスの場となる。そのためには,事業部門と各拠点の連携強化を加速していく。
 
 これらの方向性を職場の一人ひとりまで共有し,各職場で活発な議論を深め,一体となって,具体的な施策を展開することによって,着実な成果に結びつけられると確信している。共に一丸となって取り組んでいこう。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。