ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

パーム廃棄物を活用した固体バイオマス燃料事業を本格化 ~再生可能エネルギー促進とマレーシアのパーム産業に貢献~

-2018年11月14日-

プレスリリース

 株式会社IHI(本社:東京都江東区/社長:満岡 次郎,以下「IHI」)はこのたび,パームヤシ空果房(EFB:Empty Fruit Bunch)由来の固体バイオマス燃料であるEFBペレットの製造・販売・輸出事業を本格展開するため,マレーシアにIHI SOLID BIOMASS MALAYSIA SDN.BHD.(以下,「ISBM」)を設立しました。

 パーム油の搾油過程で大量に発生するEFBは腐敗しやすく,水分・灰分・塩分も多いため,その大部分は未利用なままで廃棄され,土壌汚染やメタンガス発生の原因になっています。IHIは,EFBを固体バイオマス燃料として有効利用するため,高品質な低灰化EFBペレットに変換・量産する手法を確立しました。

 この他,IHIはマレーシアにおいて, パーム廃棄古木(OPT:Oil Palm Trunk)ペレット製造,およびパーム搾油排水(POME:Palm Oil Mill Effluent)処理の実証事業を展開しており,パーム油の製造過程における廃棄物の活用,および環境負荷低減に取り組んでいます。

 また,IHIはマレーシアの大手印刷会社Nextgreen Global Berhad(取締役社長:Dato’ Lim Thiam Huat(ダトー・リム・ティアン・ホワット)以下「NGGB」)および野村ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/代表執行役社長 グループCEO:永井浩二)と,パーム残渣の活用に関する協業検討の覚書を締結しました。本覚書において三者は,EFBを原料とする製紙用パルプやバイオマス燃料の生産における協業の事業性評価を行います。また,NGGBが開発を目指すパーム廃棄物活用による環境配慮型工業団地グリーン・テクノロジー・パークの開発に向けた三者間の協業についても検討を進めます。

 これらの取り組みによりIHIは,マレーシアの主要産業のひとつであるパーム産業のサステナビリティ(持続可能性)を高めることを目指すと共に,日本を中心に需要の大きな拡大が見込まれる固体バイオマス燃料の安定供給に貢献します。

 IHIグループは,バイオマス発電分野における燃料製造および燃焼技術の高度化の他,発電設備の更なる高効率化,CO2回収技術の開発などに積極的に取り組み,地球環境およびエネルギー問題の解決に貢献していきます。

左右にスクロールしてご確認ください。 ← →

<ISBM概要>  
・社 名 IHI SOLID BIOMASS MALAYSIA SDN.BHD.
・所在地 19th Floor,UBN Tower,10 Jalan P.Ramlee,50250 Kuala Lumpur Malaysia
・資本金 450百万円
・従業員 10人
・事業内容 マレーシア国内における燃料製造販売および輸出
・株 主 IHI 100%

 

<IHI/ISBMが取り組むパーム事業の概要>

IHI/ISBMが取り組むパーム事業の概要

 

<関連画像>
●EFBペレットの試作品
 
●EFBペレット製造プラント
EFBペレットの試作品
EFBペレット製造プラント



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。