ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

イプシロンロケットの競争力強化開発及び打上げサービス事業者に選定

-2019年05月29日-

プレスリリース

 株式会社IHIのグループ会社である株式会社IHIエアロスペース(本社:東京都江東区,社長:牧野 隆)が,宇宙航空研究開発機構(JAXA)殿に提出した「イプシロンロケットの国際競争力を強化するための開発及び打上げ輸送サービス事業の実施」に関する技術提案に対し,このたび,事業者として選定されました。

 IHIエアロスペースは,現在運用中のイプシロンロケットの機体システムの開発・製造を担当するとともに,4号機からは,従来JAXA殿が行っていたロケットの全製造工程の管理などの業務を担う製造プライムメーカーとしてプログラムに携わってまいりました。イプシロンロケットは,小型衛星の需要拡大および多様化に対応していくために,組立・点検などの運用を効率化し,コンパクトな打ち上げシステムを実現するために開発されたロケット(試験機打上げ:2013年9月)です。M-VロケットやH-ⅡAロケットの固体ロケットブースタ(SRB-A)など,日本で培われた固体燃料ロケット技術が適用されています。

 今後,イプシロンロケットの国際競争力強化のため,現在開発が行われているH3ロケットとのシナジー対応およびコスト低減を考慮し,JAXA殿とともに設計を進めていきます。
 当社グループは,今後ともロケットシステム関連の技術開発とその研鑽に励み,日本の宇宙開発事業の発展に尽力するとともに,安定した宇宙輸送事業に育てていきたいと考えております。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。