ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

次世代型機関故障予兆診断アプリケーションの共同検討を開始 ~『Fleet Guardian』の開発で,本船のダウンタイム撲滅を目指す~

-2019年12月24日-

プレスリリース

 株式会社IHI※1(以下「IHI」)のグループ会社である株式会社IHI原動機※2(以下「IHI原動機」)は,株式会社商船三井※3(以下「商船三井」),株式会社ClassNKコンサルティングサービス※4(以下「NKCS」),および株式会社三井E&Sマシナリー※5(以下「三井E&Sマシナリー」)と共同で次世代型機関予兆診断アプリケーションの開発に取り組むことで合意しました。

 船舶が安全かつ予定通りに航行するためには,船内に搭載されている機関の状態把握や保守管理を適切に行い,トラブルを未然に防ぎ,船舶のダウンタイム(不稼働時間)を削減することが求められています。IHI原動機はこうした課題を解決するため,リアルタイムで船内における機関診断が可能となる次世代型機関状態監視システム“ClassNK CMAXS LC-A”※6を日本海事協会と共同開発し,2016年4月からサービスを提供してきました。

今回開発を目指す次世代型機関予兆診断アプリケーションは,NKCS提供の機関状態監視システム“ClassNK CMAXS LC-A/e-GICSX” とICT活用による安全運航強化と環境負荷低減を目指す商船三井のFOCUS(Fleet Optimal Control Unified System)※7を融合させるものであり,最新のヒューマンフレンドリーな人工知能(Expainable AI:XAI)※8 の新規実装も含めた,その名も“Fleet Guardian”の開発に向け,4社ONE TEAMで取り組みます。
Fleet Guardianを通じて本船上の機器の状態を陸上の支援要員と本船がタイムリーに共有することにより,本船のダウンタイムの撲滅とさらなる安全運航強化を目指します。


【今回の共同検討に関する各社の取組み】

今回の共同検討に関する各社の取組み
【Fleet Guardianについて】
Fleet Guardianについて
Fleet Guardianでは自動(予兆)診断結果と実際の運転状態の整合化を継続的に行うことで,予兆診断の精度と速度が向上する仕組みの構築を目指します。
 
XAIのイメージ図
一般に,船舶機関のトラブルの多くは,ヒューマンエラーによって発生します。IHI原動機は,従来のAI活用による乗組員サポートのみならず,“ClassNK CMAXS LC-A”に搭載されるXAIの活用により,乗組員の機器理解の促進を目指します。また,ユーザーとメーカーが一体となって運用するシステムを構築することで,システムの精度を継続的に向上し,機関故障によるダウンタイム撲滅を目指します。



【注釈】

左右にスクロールしてご確認ください。 ← →

※1   株式会社IHI(本社:東京都江東区,代表取締役社長:満岡 次郎)
※2   株式会社IHI原動機(本社:東京都千代田区,代表取締役社長:矢矧 浩二)
※3   株式会社商船三井(本社:東京都港区,代表取締役社長:池田潤一郎)
※4   株式会社ClassNKコンサルティングサービス(本社:東京都千代田区,代表取締役社長:野村大吉)
※5   株式会社三井E&Sマシナリー(本社:東京都中央区,代表取締役社長:髙橋 岳之,)
※6   “ClassNK CMAXS LC-A”(クラスエヌケー シーマックス エルシ-エー) 
本船で乗組員が必要な対処を迅速に行うことを目的に,人の思考階層に基づき,ロジックを積み上げるXAIをコアとし,エンジンおよび周辺機器の自動異常診断,自動状態診断,トラブルシュート機能,点検保守作業の管理機能などを有する統合サポートシステム。
※7  

 FOCUS(フォーカス)(Fleet Optimal Control Unified System)
 運航船から実海域における詳細な航海・機関データを収集し,クラウド上のプラットフォームに保管のうえ,高度な運航モニタリングや推進性能分析のアプリケーションを開発するなどのICT利活用に向けた商船三井のプロジェクト。

<ご参照>(商船三井2018年10月15日付プレスリリース)
https://www.mol.co.jp/pr/2018/18086.html

※8   XAI(エックスエーアイ) (Explainable Artificial Intelligence)
結果を導き出すプロセスが人にとって説明可能である人工知能(AI)のこと。Fleet Guardianにおいては,自動診断結果をエンジニアが容易に理解できるように説明することができるAIを指す。



TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。