ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ベトナム向け66万kW級石炭火力発電所用ボイラ2基を受注

-2019年08月29日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)は,東芝エネルギーシステムズ株式会社,CTCI Corporation(所在地:台湾台北市),斗山重工業(所在地:韓国ソウル市)とのコンソーシアムとして,住友商事株式会社が出資するベトナムVan Phong Power Company Limited(以下「VPCL」)から,バンフォン1石炭火力発電所(出力132万kW(66万kW×2基))の設計・調達・建設業務を請負うEPC契約を受注し,このたび着工しました。IHIはボイラおよび付帯設備の供給・据付を担当します。

 本発電所は,VPCLがベトナムカインホア省バンフォン経済特別開発地区において建設・運営・譲渡を行う石炭火力発電所で,25年間にわたりベトナム電力公社(Vietnam Electricity:EVN)に対して売電するもので,2023年内の商業運転開始を目指します。

 高い経済成長を続けるベトナムでは電力需要が急増しており,ベトナム政府は,電力の安定供給を最重要課題の一つとして位置づけ,計画的な電力設備の開発を進めております。

 IHIは発電用ボイラをはじめ,エネルギー関連機器や環境設備の豊富な実績を有しております。これまでに培ってきた技術を用いてお客さまに安心して安定運転していただける設備を納入すること,また商業運転開始後もライフサイクルサービスを通じてお客さまの安定運転に貢献することで,地域・お客さまの課題に取り組んでまいります。




TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。