ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

小惑星探査機「はやぶさ2」カプセルの帰還に貢献

-2020年12月07日-

プレスリリース

 株式会社 IHI のグループ会社である株式会社 IHI エアロスペース(社長:牧野 隆,本社:東京都江東区,以下「IA」)が開発に携わった,国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下,「JAXA」)の小惑星探査機「はやぶさ2」再突入カプセル(以下,「カプセル」)が,6年間,約50億キロメートルの航行を終え,12月6日,地球に帰還しました。

 「はやぶさ2」は,小惑星リュウグウの科学観測やサンプルリターンを目的とした探査機です。小惑星のサンプルを回収したと期待されるカプセルは,12km/秒の超高速で大気圏に突入し,カプセル周囲は1万℃を超える過酷な環境にもなり,カプセル表面も3,000℃に達します。IAは,これまでのロケット開発で培った技術力を生かし,カプセルの開発に参画し,この過酷な熱環境からサンプルを守るヒートシールド,減速して着地するためのパラシュートを放出する機構の開発・製造などを担当しました。また,IAは,JAXA回収班の一員として,オーストラリア ウーメラ地区に着陸したカプセルの回収作業,安全化作業,分解を支援しております。

 「はやぶさ2」において,IAはカプセル以外にも,地中のサンプルを採取するために小惑星表面へ金属塊を衝突させ人工クレーターを生成する,衝突装置の機械系開発やインテグレーション支援を担当しました。同じくIHIグループの明星電気株式会社(社長:池山 正隆,本社:群馬県伊勢崎市)は,衝突実験の状況を撮影する分離カメラ「DCAM3」に内蔵される理学観測用カメラ(デジタル系)や,太陽系形成時に存在していた水の存在を調査する近赤外分光計「NIRS3」を開発し,太陽系の成り立ちや生命の起源の解明を目指す探査ミッションの成功に貢献しました。

 IHIグループは,高度なエンジニアリング力で社会課題を解決し,地球と人類に豊かさと安全・安心を提供することをビジョンとして,宇宙開発事業に取り組んでいます。今後も,これまでに培った技術を生かし,日本の宇宙開発に貢献し,人類の夢の実現と社会の発展に貢献して参ります。
 

ウーメラ地区でのカプセル回収作業 ©JAXA
ウーメラ地区でのカプセル回収作業 ©JAXA

「はやぶさ2」カプセル ©JAXA
「はやぶさ2」カプセル ©JAXA

「はやぶさ2」カプセル分離イメージ ©JAXA
「はやぶさ2」カプセル分離イメージ ©JAXA

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。