ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ファインバブル技術によるオゾンガス処理除菌水「Re:Clear(リクリア)」販売開始 ~ウィズコロナ対応向けに,安心・安全,高除菌効果製品で除菌水市場に本格参入~

-2020年11月05日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:井手 博,以下「IHI」)とグループ会社の株式会社IHIアグリテックは,感染制御機器としてオゾン関連製品等において長年にわたり医療機関他に多数の販売実績がありますが,このたび,細菌・ウイルスの除去が出来る新しい除菌水を開発し,除菌水市場に本格参入します。その第一弾として安心・安全で高い除菌効果を有する除菌水「Re:Clear(リクリア)」の販売を開始します。

除菌水Re:Clear  (リクリア)


除菌水 Re:Clear  (リクリア)

 昨今、新型コロナウイルス感染拡大により,公衆衛生への意識が高まっており,身の回りの物等への除菌処理の機会が圧倒的に増えていることから,高い除菌効果と人体にも物・環境にも優しく安心して使える除菌水が望まれています。
 オゾン水は,残留性がなく安心して使える除菌水ですが,オゾンガスがすぐに分解してしまうため保存することができず,製造装置がある場所でしか使用することができませんでした。そこで,IHIでは,独自のファインバブル(ナノサイズの泡)製造技術を用いて,超高濃度オゾンガスを水に溶解させることで,高い除菌能力を保持したまま,ボトルでの長期保存を実現することで流通を可能にした,新しい除菌水の開発に成功しました。
 本技術により新しい生活様式におけるお役立ちとして,高い効果と安心・安全を両立させた新しい除菌水「Re:Clear(リクリア)」は,アルコールとも従来の塩素系除菌剤とも異なり,刺激臭がなく(消毒臭がしない),べたつかず,手に触れても荒れることがありません。また,残留物がゼロなので,スプレー後にそのまま乾燥させても水滴の跡が残りません。
 新除菌水の不活化試験では,一般細菌から真菌,ウイルス,芽胞まで幅広い除菌効果を示し,コロナウイルスが属するエンベロープウイルスだけでなく,消毒剤に対して抵抗性のあるノンエンベロープウイルスに対しても有効であることを確認済みです。また,新型コロナウイルスついても試験を実施中です。
 本製品は,まずは除菌およびウイルス対策などを必要とする医療施設,介護施設,食品加工業をはじめとした施設や,車輛・バス・航空機などの公共交通機関,オフィス・工場などのセキュリティ分野などにおける感染拡大対策として幅広く販売し,発売後1年間で約100万本を販売する計画です。また,今後,ウィズコロナ時代の標準的な公衆衛生対策ツールとなるよう市販も含め販売先を拡大していく他,大学や外部研究機関と共同研究を行い,様々な対象物でのウイルス付着状況に応じた反応条件やデバイス検討を進めながら, 安全面、機能面でさらに進化したウイルス対策製品の開発と市場への投入を目指します。

除菌水Re:Clear  (リクリア)

「Re:Clear(リクリア)」とは?
IHI独自のファインバブル技術(ナノサイズの泡)を用いて超高濃度オゾンガスを溶解させた水です。 

  • 高い除菌能力を保持しながら,ボトルによる6ヶ月の長期保存が可能。
  • 製造装置が不要のため,使用場所,使用環境を選ばずスプレーで使用可能。 
  • ウイルスや菌などと反応した後は水に戻るため,廃棄が容易。
  • 残留物ゼロで腐食リスクが極めて低い。すすぎ不要で水滴の跡も残らない。
  • 手荒れするリスクが極めて低く肌にやさしい。

 
-実施済み試験-
 

■ウイルス不活化試験 

第三者公的機関により、各種ウイルスに対する効果を試験し確認済みです。いずれのウイルスも1分以下で検出限界値となり,感染価が4桁以上減少しました(99.99%以上不活化)。
※感染価:50%の細胞に対して感染するウイルス濃度
(試験実施先:(一財)北里環境科学センター)
   

<検証に使用したウイルス(4種)>

  1.  エンベロープウイルス
    • ネココロナウイルス(Feline enteric coronavirus, WSU 79-1683)
      ※新型コロナウイルス代替え
    • A型インフルエンザウイルス(Ifluenza A virus, H1N1, A/PR/8/34, ATCC VR-1469)
  2. ノンエンベロープウイルス
    • ネコカリシウイルス(Feline calicivirus, F-9, ATCC VR-782)
      ※ノロウイルス代替え
    • アデノウイルス(Human adenovirus 3, GB, ATCC VR-3) 

 
■生物学的安全性試験 

第三者公的機関により、各種安全性試験(6項目)を実施し,いずれの試験においても急性毒性は確認出来ませんでした。人体への有害リスクは極めて低い事を確認ずみです。 
(試験実施先:株式会社安評センター)

  • ラットを用いる急性経口投与毒性試験 
  • ラットを用いる急性気管内投与毒性試験 
  • ウサギを用いる皮膚刺激性試験 
  • ウサギを用いる眼刺激性試験 
  • モルモットを用いる皮膚感作性試験 
  • 細胞を用いる復帰突然変異試験

     

株式会社IHIアグリテック(IAT)

千歳本社

北海道千歳市上長都1061-2

松本本社

長野県松本市石芝1-1-1

代表取締役社長

: 

宮原 薫

事業内容

: 

農業用機械,芝草管理機,殺菌・脱臭機器,鋳鉄鋳造品,アルミダイキャスト,その他 医療関連機器

生産工場

岡山事業所(岡山県岡山市東区)

IAT医療関連機器サイト

https://www.ihi.co.jp/iat/products/ozone/index.html

 


営業窓口

株式会社IHIアグリテック 環境プロジェクト部
TEL 086-944-6510 FAX 086-942-9030


TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。