ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

福島県相馬市に再生可能エネルギー利用の水素研究棟「そうまラボ」を開所 ~CO₂フリー水素を活用した研究を推進~

-2020年09月10日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:井手 博,以下「IHI」)は,福島県相馬市(以下「相馬市」)の協力の下,相馬市において太陽光発電電力の地産地消の実現と,地域振興・発展に寄与することを目的として2018年に「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」(以下「SIGC」,所在地:福島県相馬市光陽 2-1-1)を開設し,スマートコミュニティ事業を実施してきました。
 このたび,SIGCにおいて,CO₂フリー水素を活用した研究を推進する水素研究棟「そうまラボ」を開所し,2020年9月から運用開始しました。

「そうまラボ」外観

「そうまラボ」外観

 SIGCの事業は,敷地面積54,000㎡のセンター内に設置した出力1,600kW太陽光発電電力を,相馬市下水処理場等へ送り,余剰電力は,①水電解水素製造装置に送り効率よく水素製造を製造・貯蔵する実証事業,②電気ボイラで蒸気を作り一旦貯蔵後,蒸気で下水処理場の汚泥を乾燥し減容化・再資源化する実証事業を行っています。
 その中で「そうまラボ」では,水素利用の先進技術開発拠点として,①の余剰電力で製造した水素を使用し,将来の水素社会を見据えた水素利用・エネルギーキャリア転換技術研究・実証試験等を実施していきます。
 また,オープンイノベーションの場として,先駆的技術の研究をおこなう研究機関や企業にも公開する他,地域の小中学校の体験学習の場としても提供し,水素等の化学・エネルギーを身近な存在にするための活動も行っていきます。

 IHIは,本事業により再生可能エネルギーの地産地消の実現と地域主導の新たな自律事業モデルを創出し,被災地域の復興から地域経済の活力再生に向けた新しいまちづくりの一助となることを目指して,事業構築の推進に取り組んでいきます。
 

【設備概要】



敷地面積

約1,200㎡(ユーティリスペース含む) ,建物面積: 約700㎡,
延床面積:約900㎡

設備

実験室( 室内セル4,屋外1),計測室,会議室(最大 40 名程度 )
交流スペース(最大16 名程度 )ほか


大型セル(100㎡)


交流スペース

 
【研究内容】
水素先進利用研究に適した研究施設として,水素製造・利用も含めた形で,再生可能エネルギーの有効利用技術を実証する。また,余剰電力を使って製造した水素を研究に活用する。最大400Nm³/日の水素を製造。

 
【地域貢献】
水素関連の研究(下図参照)において,国内外の研究機関・企業と共同で行えるオープンイノベーションの場を提供することにより,研究者等の交流人口増加により地域の活性化が期待できる。また,地域に科学やエネルギーを身近な存在にするための活動の取り組みとして,地域の小中学校と企業との連携による体験学習の場を提供していく。

 


図 CO₂フリー水素を活用した技術開発


SIGC開設時プレスリリース:https://www.ihi.co.jp/ihi/all_news/2018/other/2018-4-05/index.html


TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。