ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

オーストラリアでカーボンフリー水素の製造・販売を目指す「コーガン水素実証プロジェクト」の検討をCS Energyと共同で実施

-2021年02月03日-

プレスリリース

 株式会社 IHI(社長:井手 博,本社:東京都江東区,以下「IHI」)は,オーストラリアのクイーンズランド州営電力会社であるCS Energy社と共同で,同社が所有するコーガンクリーク発電所隣接地に設置する太陽光発電から水素を製造・販売する「コーガン水素実証プロジェクト」の事業化に向けた検討(以下「FS」)を,このたび,開始しました。

 コーガン水素実証プロジェクトは,太陽光発電・蓄電池・水電解装置・燃料電池を有する実証プラントによって,太陽光の再エネ電力からカーボンフリー水素を製造し販売するとともに,余剰の再エネを電力市場に販売することを目指すものです。FSでは,エネルギーマネジメントシステム設計や水素市場の検証などを行うことで,プロジェクトの事業性を評価します。事業性評価後に実証プラント建設および運用も目指しています。

 CS Energyは,オーストラリアで3,500MWもの電力を供給する,クイーンズランド州政府所有の電力会社です。IHIはこれまで同社へカライドC石炭火力発電所(420MW×2基,2001年運転開始)を建設・納入しており、また同社カライドA石炭火力発電所での酸素燃焼の実証プロジェクトOxyfuel Project(2004年~2018年)にプロジェクトパートナーとして参加しています。オーストラリア北東部に位置するクイーンズランド州は,アジアに近接していることに加え,豊富な日照量によるグリーン水素製造の優位性を有しており,水素産業の発展が期待されています。

 IHIは,2018年に開設した「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」(福島県相馬市)で,コーガン水素実証プロジェクトと同様の設備で構成する地産地消型エネルギーマネジメントシステムを開発・運用しており,これまでの開発・運営で培った技術を生かし,CS Energyとの共同FSを進める考えです。

 IHIグループは脱CO2・循環型社会と快適で安心な自律分散コミュニティの実現に向け,水素・アンモニアのエネルギー利用技術の開発およびカーボンフリーバリューチェーン構築を推進して参ります。


【関連資料】

  • プロジェクト予定地
    プロジェクト予定地
     
  • システム構成図
    システム構成図
  • IHIが目指す「水素・アンモニアバリューチェーン」
バリューチェーンの図

 


TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。