ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

横浜市内の公道で実施される「中型自動運転バスの実証実験」に参画 ~公道に設置した3D-LiDARが対向車両を検知し,自動運転バスの交差点右折を支援~

-2021年02月01日-

プレスリリース

 株式会社IHI(本社:東京都江東区,代表取締役社長: 井手 博)は,2月9日(火)から3月5日(金)まで横浜市栄区で実施される「中型自動運転バスによる実証実験」に参画し,自動運転バスの交差点右折支援を行います。

 本実証実験は,経済産業省・国土交通省の事業(*)を受託した国立研究開発法人産業技術総合研究所より神奈川中央交通がバス運行事業者に選定され,実施するもので,自動運転バス実用化に必要な技術や事業環境等の整備を目的として,最先端技術の検証に加え,地域内移動手段の可能性に関する調査を行います。

 本実証実験においてIHIは,一般ドライバー向け安全運転支援システム(DSSS:Driving Safety Support System)用として開発された交通流データ収集・分析技術を活用し,自動運転バスの交差点右折支援を行います。バスの死角から接近する対向車両の位置・速度情報を,公道に設置した3D-LiDARが検知し,専用の無線回線を介してリアルタイムで自動運転車両に通知します。

 また,今回は右折支援だけではなく,センサが取得したデータと自動運転の手動介入があった時刻のデータを突き合わせることで手動介入発生要因の分析を行い,今後の完全自動運転を目指した危険要因分析の取り組みも同時に行います。

 IHIは今後も地域の安全・安心に貢献できるサービスの提供を目指し,当社のセンシング技術と自動運転車両の連携により,早期の自動運転バスサービス実現を支援してまいります。


自動運転バスの右折支援イメージ(左:走行ルート上設置交差点,右:支援イメージ) 


(*1) 経済産業省・国土交通省の事業:
件名「高度な自動走行・MaaS等の社会実装に向けた研究開発・実証事業:専用空間における自動走行などを活用した端末交通システムの社会実装に向けた実証」

【参考資料】神奈川中央交通株式会社発表:http://www.kanachu.co.jp/news/pdf01/somu/2021/02.01release.pdf 


TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。