ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

微細藻類から製造したバイオジェット燃料を国内定期便に供給

-2021年06月18日-

プレスリリース

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:井手 博,以下「IHI」)は,微細藻類から製造したバイオジェット燃料を持続可能な代替航空燃料(以下「SAF」※1)として,このたび,国内定期便に供給しました。
本燃料は,国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)の委託事業※2(以下「NEDO事業」」にて開発し,2020年5月に当社が申請し取得したバイオジェット燃料の国際規格「ASTM D7566 Annex7」※3に適合したものです。


1.概要
 世界的な温室効果ガス削減活動の中で,国際航空分野からのCO₂排出削減を所管するICAO(国連の国際民間航空機関)は,CO₂排出量の増加抑制目標(制度)を定め,日本においてもSAFの生産事業をはじめとする,航空輸送に関わるCO₂排出量を削減する技術の社会実装が喫緊の課題となっています。
IHIは,光合成により高速で増殖する微細藻類(高速増殖型ボツリオコッカス(HGBb)※4)を大量培養し,その微細藻類が生成する藻油から燃料を一貫製造するプロセスの次世代技術開発事業に取り組んでいます。

2017年度から開始したNEDO事業では,鹿児島県鹿児島市の既存施設とタイ王国サラブリ県に新設したパイロット屋外培養施設を使い,大規模培養からSAF製造までの一貫製造技術の確立に取り組みました。また,バイオジェット燃料の商用飛行に必要な国際規格「ASTM D7566 Annex7」を取得するとともに,製造したSAFが飛行に必要な各規格に適合することを確認しました。
 このたび,これらの成果を踏まえ,完成したSAFを東京国際空港(羽田空港,東京都大田区)出発の定期便に供給しました。なお,「ASTM D7566 Annex7」の規格に基づく燃料を搭載した航空機の飛行は今回が世界初となります。

 プロセス概念図
プロセス概念図


2.フライト概要

(1)日付 

2021年6月17日

  便名

日本航空515便

  区間

東京国際空港(羽田)発 新千歳空港行き

  機材

エアバスA350-900
微細藻類由来SAFと木質バイオマス由来SAFを同時搭載

JAL515便への給油風景

JAL515便 出発時


(2)日付

2021年6月17日

  便名

全日本空輸031便

  区間

東京国際空港(羽田)発 大阪国際空港(伊丹)行き

  機材

ボーイング787-8
ASTM D7566 Annex7規格に準拠する燃料を搭載した初の飛行

ANA031便への給油風景
ANA031便への給油風景
  

ANA031便 出発時
ANA031便 出発時
  

ANA031便 離陸風景(上空中央の機体)
ANA031便 離陸風景(上空中央の機体)


3.今後の予定

 IHIは2050年カーボンニュートラル実現に向けて,バイオジェット燃料の燃料製造・供給に向けたサプライチェーンを構築する検討を進めていきます。さらに,航空分野におけるCO₂等温室効果ガス排出量のさらなる削減にむけた技術開発を促進していきます。 


【注釈】

※1

SAF
Sustainable Aviation Fuelの略で持続可能な代替航空燃料のこと。
ASTM D7566に準拠した純バイオジェット燃料と,ASTM D1655※5に基づく既存の航空用ジェット燃料を定められた比率で混合して使われる。

※2

NEDO事業:
事業名  バイオジェット燃料生産技術開発事業/一貫製造プロセスに関するパイロットスケール試験/
     高速増殖型ボツリオコッカスを使った純バイオジェット燃料生産一貫プロセスの開発
事業者  IHI(事業期間 2017年度~2021年度)
     国立大学法人神戸大学 (事業期間 2017年度~2018年度)

※3

ASTM D7566
ASTM International(旧称American Society for Testing and Materials: 米国試験材料協会)が定める航空用代替ジェット燃料に関する規格。Annex7は微細藻類ボツリオコッカス・ブラウニー (Botryococcus braunii) から抽出した粗油(炭化水素を主成分とする)を水素化処理で合成した液体炭化水素燃料を規定。IHIが独自にASTMに規格申請し2020年5月に承認された。

※4

高速増殖型ボツリオコッカス(HGBb: Hyper-Growth Botryococcus braunii
培養速度を向上するべく改良された油分の多い微細藻類。株式会社GGT(本社:大阪府茨木市,代表取締役:榎本平 氏)が保有する株。

※5 

ASTM D1655
ASTM Internationalが定める既存の航空用ジェット燃料に関する規格。


【ご参考】
ANA: https://www.anahd.co.jp/group/pr/202106/20210618.html
JAL: https://press.jal.co.jp/ja/release/202106/006098.html
NEDO: https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101442.html 
NEDO Channel (YouTube):
和) https://www.youtube.com/watch?v=nzNN8ymDf-Y&list=PLZH3AKTCrVsX90YTJbhjfWV-o2t1yLJql&index=1
英) https://www.youtube.com/watch?v=zginf-cj7GI&list=PLZH3AKTCrVsX90YTJbhjfWV-o2t1yLJql&index=2

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。